2019-03-27公開

クレジットカードのキャッシングとは?注意点から利用方法まで!

クレジットカードのキャッシングとは?注意点から利用方法まで!
画像出典:fotolia

ATMで簡単に現金が引き出せる、クレジットカードのキャッシング機能。海外で現地通貨を引き出す際にも便利ですが、利息もかかるので使いすぎには注意しましょう。この記事ではキャッシングの注意点や利用方法など詳しく解説します。

更新日時:2019-09-26

そもそもクレジットカードのキャッシングとは?

クレジットカードには後払いで買い物できるショッピング利用枠の他に、キャッシング利用枠が付与されていることがあります。これがキャッシング機能です。クレジットカードを使って現金を借り入れすることができ、キャッシング利用枠内であれば、近くのコンビニエンスストアや金融機関のATMから簡単に現金を引き出すことが可能です。

借り入れといえば銀行や消費者金融などが提供する「カードローン」もありますが、クレジットカードのキャッシングは、クレジットカードの一機能として借り入れ(キャッシング)ができます。実際に多くのカード会社では、自宅のパソコンやスマートフォンからキャッシングの申し込みが可能です。その他、海外で現地通貨が必要となったときにも現地のATMから引き出すことができるといった特徴があります。

クレジットカードのキャッシングを利用する際には、金利手数料が発生します。皆様の中には、キャッシングの手数料がどの程度になるか気になる方がいるのではないでしょうか。ここでは楽天カードのキャッシングを利用したと仮定して、手数料を計算してみましょう。

【計算式】
利用残高×実質年率÷365日(うるう年は366日)×利用日数=金利手数料

実質年率は18%、3万円を30日間借り入れたとして計算します。

3万円×18%÷365日×30日≒443円

このケースでは、金利手数料が443円となりました。その他、実質年率18%で借りた場合の事例を表にまとめましたので、参考にしてみてください。

そもそもクレジットカードのキャッシングとは?

実際にはキャッシングの利用分は翌月に引き落としとなるので、365日ずっと借りているという状況は考えにくいでしょう。あくまで比較対象としてご覧ください。また、金利手数料(利息)についての詳細は「クレジットカードのキャッシングにかかる利息はどのくらい?」の項目で解説していますので、よろしければご覧ください。

クレジットカードのキャッシングはどういうときに使うべき?

それでは、クレジットカードのキャッシングはどういうときに使うと良いのでしょうか。ここでは、具体的な事例をご紹介しましょう。

結婚式や急な飲み会など出費が重なってしまった

結婚式に招待される時期が重なってしまったり、大きな出費を控えているところに急な飲み会に参加しなければならなくなったりすることがあります。特に給料日前であれば、現金の都合をつけることが難しい場面もありますよね。こうしたときに便利なのがクレジットカードのキャッシングです。近所のコンビニエンスストアなどのATMからクレジットカードを利用して現金が引き出せますので、急な出費にも備えられます。

お金が必要だけど忙しくて時間がない

「お金が必要だけど、仕事で忙しく自由に動ける時間がない」という人もいるのではないでしょうか。クレジットカードのキャッシングの場合、自宅のパソコンやスマートフォンから24時間申し込みが可能です。ネットキャッシングと呼ばれ、忙しい社会人であっても自宅にいながらキャッシング機能を使うことができるのです。楽天カードではキャッシングの振込日を予約することができますので、さらに便利ですね。

海外旅行中に現地通貨が必要になった

海外旅行では予想外の出来事が度々起こるものです。海外滞在中に、現金しか使えないお店での支払いやチップの支払いなどで現地通貨が必要となる場面があります。こうした場面で活躍するのがクレジットカードのキャッシング機能です。クレジットカードのキャッシング機能を利用すれば、空港や銀行などに設置されている現地のATMから現地通貨を引き出すことができるのです。海外滞在中、急に現地通貨が必要となったときに安心ですね。

クレジットカードのキャッシング利用方法とは?

クレジットカードのキャッシングの利用方法には、ATMやキャッシュディスペンサーを利用する方法、インターネットから申し込む方法、海外で利用する方法があります。ここでは、その利用方法を1つずつ解説します。

ATMもしくはキャッシュディスペンサーから

「キャッシング利用枠」を設定してあるクレジットカードであれば、利用前に改めて申し込みをする必要はありません。現金が必要になった際、利用枠の範囲内の現金を引き出すことができます。

現金の引き出しは、クレジットカード会社と提携している金融機関のATMやキャッシュディスペンサーのほか、駅やコンビニエンスストアに設置してあるATMなどで利用できることもあります。多くのATMにはキャッシング可能なクレジットカードが表示されているため、利用時には手持ちのクレジットカードが使えるかどうか確認しましょう。

ATMの操作方法

ATMの操作方法

クレジットカードでキャッシング機能を利用して現金を引き出したいときには、次のように操作します。

1.ATMの画面で「お引き出し」または「クレジットカード」 を選択します。

2.クレジットカードをATMへ挿入し、暗証番号を入力します。

3.キャッシングしたい金額を入力し、「一括払い」「リボルビング払い」から希望の返済方法を選択します。

4.「確認」を押すと、現金と利用明細を受け取ることができます。このとき、クレジットカードも忘れずに受け取りましょう。

ATMによっては、メニュー画面の操作方法や手順が異なる場合もあるため、画面の指示に従いましょう。海外のATMでキャッシングを行う場合も、基本的な操作方法は国内のATMと同じです。

ネットキャッシングの利用方法

ATMまで行く時間がなかったり、自分の口座に振り込んで欲しかったりするときには、ネットキャッシングという方法があります。カード会社によって詳細が異なりますので、ここでは楽天カードを例として考えてみましょう。

楽天カードの場合は、楽天e-NAVIの「ネットキャッシングの申し込み」から手続きができます。平日14:49までに手続きが完了すれば、最短数分で引き落とし口座へ振り込まれます。平日14:50以降、土日祝日の手続きは翌営業日に振込となります。

楽天カードでは、ネットキャッシングの振込手数料は無料です。また、楽天カードでは指定日振込予約(1回もしくは毎月)というサービスがあります。キャッシングを利用したい予定が先だったとしても、うっかり忘れて現金不足になってしまう事態が避けられそうですね。

海外キャッシングの利用方法

海外滞在中に現地通貨が必要となったとき、クレジットカードのキャッシング機能を利用すれば、現地のATMから現地通貨を引き出すことができます。海外キャッシングの利用方法は、上記のATM操作方法と基本的には同じです。

さらに、海外キャッシングを利用すると、両替をするよりも手数料がお得となることがあります。つまり、日本の銀行や空港での両替手数料よりも、クレジットカードの海外キャッシング手数料の方が安い場合があるということですね。通貨によって異なりますので、気になる方は事前に調べておくと良いでしょう。

クレジットカードのキャッシングを利用するときの注意点

利用限度額を把握

クレジットカードには、利用限度額が設定されています。多くのクレジットカードでは、ショッピングの利用限度額の範囲内でキャッシングの利用限度額が設定されています。そのため、キャッシングを利用したい場合には、その分ショッピングの利用限度額が減少するということを覚えておく必要があります。

たとえば、利用限度額が50万円、そのうちキャッシング枠が20万円に設定されているクレジットカードがあるとします。キャッシングを利用しなければ50万円全額をショッピングに利用することが可能ですが、20万円をキャッシングに利用した場合、利用限度額からキャッシングに利用した20万円を差し引いた30万円がショッピングに利用できる金額となります。また、このケースでは、仮にショッピング枠を40万円利用したとすると、利用限度額が50万円のため、キャッシングは利用していませんが、キャッシング枠の残りが10万円となってしまいます。

楽天カードの場合、楽天e-NAVIのお支払いメニューにある「ご利用可能枠の紹介」から現時点での利用可能枠を確認することができます。キャッシングを利用する際には利用限度額の状況を確認し、限度額をオーバーしないように気を付けておくと良いでしょう。

明細はきちんとチェック

キャッシングは、銀行口座からお金を引き出すのと同じような操作で現金を借りることができます。限度額までは特に制限なくキャッシングすることができるため、明細はきちんとチェックし、借入額や返済状況を把握しておくと使いすぎを防ぐことができます。

楽天カードでは、楽天e-NAVIだけでなく楽天カードアプリからも利用明細を確認することができます。自宅のパソコンやスマートフォンから簡単に見ることができますので、定期的に利用明細を確認することをおすすめします。

明細管理も、支出管理も楽々!楽天カードに申し込む

クレジットカードのキャッシング枠とは?

先ほども触れましたが、クレジットカードの限度額には、「ショッピング枠」と「キャッシング枠」があります。ショッピング枠は「買い物に使える金額」、キャッシング枠は「現金の借り入れができる金額」のことを表しています。多くのクレジットカードではショッピング枠の中にキャッシング枠がありますので、2つの枠は連動しているといえるでしょう。

キャッシング枠の希望金額は、クレジットカードを申し込む際にあわせて申し込みすることができます。例で挙げている楽天カードの場合は、カード申し込み時にキャッシング枠を希望し、実際に付帯されるとポイントプレゼントのキャンペーンにも参加できます。

カード利用者一人ひとりに与えられるキャッシング枠については、利用者の支払い能力などに応じて決定されます。キャッシングを利用する予定がない場合は、「キャッシング枠なし」とすることも可能です。

キャッシング枠とは?

画像出典:fotolia

クレジットカードのキャッシング返済方法は?

上記で解説した通り、クレジットカードのキャッシングは「借り入れ」です。借り入れということは、あとで返済をしなければなりません。ここでは、クレジットカードのキャッシングにおける返済方法について解説します。

口座から引き落とし

締め日までのキャッシング利用料金について、カード会社ごとに設定された指定日に口座から引き落としされます。たとえば楽天カードでは、毎月末日を締め日として翌月27日に引き落としとなっています。9月10日に利用したキャッシング利用額とその利息が10月27日に引き落とされるということですね。自動で引き落としとなりますから、返済し忘れを防げるので安心です。

銀行のATMやインターネットから支払い

カード会社によっては、銀行のATMやインターネットバンキングを利用して返済することが可能です。対応しているATMについてはカード会社によって異なりますので、事前に確認しておくと良いでしょう。

支払い方法が選択できる

クレジットカードのキャッシング返済方法には、「1回払い」の他に「リボ払い」が選択できることがあります。返済時の支払い方法については、キャッシングを利用する際に選択します。楽天カードの場合、キャッシングを利用したときに1回払いを選択していたとしても、あとからリボ払いへ変更することが可能です。リボ払いを選択すると、毎月の返済金額は自分で設定した金額となります。リボ払いに設定している残高から利息が計算されますので、1回払いとは支払い総額が異なります。きちんと返済計画を立てて、支払い方法を選択すると良いでしょう。

クレジットカードのキャッシングにかかる利息はどのくらい?

クレジットカードのキャッシングを利用すると、一括で支払う場合でも利息が発生します。キャッシングにかかる利率はカード会社によって異なりますが、楽天カードの場合は実質年率18%に設定されています。カード会社によっては利用条件によって実質年率が変動するところがあります。利率については、お手持ちのクレジットカードを確認してみましょう。

キャッシング利息の計算方法

キャッシングの利息は、借入日翌日から返済日までの日割りで計算されます。計算式についてはすでに解説しましたが

利用残高×実質年率÷365日(うるう年は366日)×利用日数=金利手数料(利息)

となります。
つまり、5万円をキャッシングして30日後に1回払いで返済する場合、5万円×18%÷365日×30日=739円の利息がかかるという計算になります。ちなみに、貸金業法では借入金額によって金利の上限が設けられています。10万円~100万円未満は上限18%、100万円以上は上限15%となっていますので、覚えておくと良いでしょう。

キャッシングにかかる手数料とは?

カード会社によっては、キャッシングの利息だけでなくATM利用手数料などの手数料が発生することがあります。また、キャッシングの返済方法をリボ払いとした場合は、リボ払いの手数料がかかります。キャッシングを利用する場合は事前に手数料を把握した上で、返済計画を立てておくことをおすすめします。

クレジットカードのキャッシング利用時には限度額や手数料をチェック

クレジットカードのキャッシングは、急に現金が必要になったときに近くのATMから利用できる便利な仕組みです。ネットキャッシングであれば自宅にいながら利用することも可能です。クレジットカードのキャッシングを利用する際には、クレジットカードの限度額や明細をきちんと確認し、発生する手数料などをチェックしておくと安心です。キャッシングの仕組みを理解して、賢く上手に利用しましょう。

この記事を書いた人ERI

不動産会社や住宅メーカーで働いていた経験から、主に不動産や金融関係の執筆を行っているWebライター。
その他、グルメや地域ネタなどのジャンルの記事執筆も行っています。初心者にもわかりやすい言葉でテーマを解説しています。
保有資格:宅建・FP2級・教員免許など

年会費永年無料!!
ポイントがざくざく貯まる!

新規入会&利用で5,000ポイント! >

楽天カードをつくる

この記事をシェアする!

あなたにおすすめの記事