2019-06-12公開

水道料金はクレジットカードで支払うのがお得?メリットや手続き方法を解説

水道料金をクレジットカードで支払うとお得って本当?手続き方法は?
画像出典:fotolia

水道料金の支払い方法には、口座振替や振込用紙での支払いなどがありますが、クレジットカードで支払うことで「ポイントが貯まる」などのお得なメリットも。今回は、水道料金をカード払いにするメリットや注意点について解説します。

水道料金の支払い方法にはどんなものがある?

水道料金の支払い方法は各自治体によって異なりますが、ここでは代表的な支払い方法を3つご紹介します。

口座振替での支払い

口座振替とは、あらかじめ登録手続きをした銀行口座から自動で引き落としをして料金を支払う方法です。手続き方法については、金融機関の窓口で行う方法や水道局営業所で行う方法などがあります。

また、自治体によっては水道料金を口座振替で支払うと割引があります。例えば、東京都水道局では水道料金の支払いを口座振替にすることで、月50円(年間600円、税抜き)の割引があります。しかし、東京都水道局の場合、初回口座振替日に引き落とされないと割引が適用されませんので、口座残高を確認しておきましょう。

振込用紙での支払い

水道検針日に検針票と一緒に発行される請求書をコンビニや金融機関、水道局営業所に持ち込み、現金で支払う方法です。法人名義で他に請求先を指定している場合や、検針日に検針ができなかった場合などは請求書が郵送されます。

振込用紙の場合、水道料金の納期限が印字されています。納期限を過ぎてしまうとコンビニやゆうちょ銀行での支払いができなくなってしまうので、早めに支払うようにしましょう。

クレジットカードでの支払い

あらかじめクレジットカードを登録しておくことで、登録されたクレジットカードから水道料金が支払われます。カード払いの場合、実際の口座引き落としはクレジットカードの支払い日によって異なります。また、カード払いは事前登録が必要ですので、コンビニや水道局営業所の窓口において直接カード払いをすることはできません。

クレジットカードの登録にはおおよそ1~2カ月かかることが多いため、早めに手続きすることをおすすめします。

なお、楽天カードでは、会員サイト「楽天e-NAVI」内の「公共料金のお支払い」メニューより、各水道局のカード払いの手続き方法がご確認いただけます。

水道料金の支払い方法は?

画像出典:fotolia

クレジットカードで水道料金を支払うとお得?メリットは?

ポイントが貯まる

クレジットカードで水道料金を支払うことで、クレジットカードのポイントを貯めることができます。毎月必ず支払う水道料金ですから、ポイントを貯めることができればお得ですよね。

しかし、「口座振替の場合は割引があるので、クレジットカードとどちらがお得なの?」と考えた方がいるのではないでしょうか。そこで、東京都水道局と楽天カードの具体例を出して考えてみましょう。

上でも紹介した通り、東京都水道局の場合、水道料金を口座振替で支払うと請求金額から月50円(年間600円)割引されます。

また、総務省統計局で行っている家計調査(平成30年)によると、2人以上の世帯における上下水道料金の年間平均支払額は61,253円でした。ここでは比較しやすいように、水道料金の年間支払額を60,000円と仮定し、比較対象を100円で1ポイントの楽天スーパーポイントが貯まる楽天カードとします。

口座振替(東京都水道局)の場合 
60,000円(水道料金)-600円 =59,400円

カード払い(楽天カード)の場合
60,000円(水道料金)支払で、600円相当(ポイント)獲得


水道料金の年間支払額が60,000円の場合、口座振替の割引と通常獲得できるポイントとは、差がありません。しかし、楽天カードの場合はポイントが2倍になるキャンペーンなどの条件をクリアすることによって、ポイントをもっと貯められる可能性があります。カード払いには他にもメリットがありますので、次の項目もご覧ください。

水道料金の管理がしやすい

水道料金をカード払いにすることで、料金管理がしやすくなります。カード払いの場合、クレジットカードの明細を確認したり、家計簿アプリなどを利用したりすることで、使用料金がわかりやすくなります。

例えば、楽天カードではお手持ちの楽天カードと連携できる「楽天カードアプリ」があります。楽天カードアプリでは家計簿としての支出管理が可能なため、手動での入力はもちろん、楽天カードの利用分は自動で家計簿に反映されるという便利なアプリとなっています。カード払いにすることで、こうしたアプリによる支出管理ができるので、水道料金の管理がしやすくなります。

手続きカンタン!楽天カードに申し込む

支払い忘れがなくなる

カード払いの場合、カード会社ごとに決められた支払日にまとめて口座から引き落としされます。そのため、水道料金の支払い忘れがなくなります。振込用紙から現金で支払う場合、「あとでコンビニに行ったときに支払おう」と思っていても、うっかり支払いを忘れてしまうことがあるでしょう。水道料金を滞納した場合、最終的に水道を止められてしまう可能性があるため、カード払いにしておくと安心です。

水道料金をクレジットカードで支払う際の注意点は?

口座振替の割引が効かない

カード払いを選んだ場合は、口座振替の割引が適用されません。水道の利用金額によっては、カード払いによって得られるポイントよりも、口座振替による割引額が大きくなる場合もあります。

クレジットカードが使えない水道局もある

そもそもカード払いができない水道局もあります。カード払いを導入すると初期費用や運営費用がかかるため、口座振替との費用対効果を考えると導入できないという自治体があるからです。その場合、口座振替と振込用紙のみの対応となります。

水道料金もクレジットカードでお得にお支払いをしよう!

水道料金をクレジットカードで支払うと払い忘れがなくなったり、支払い管理が楽になったりするなどのメリットがあります。水道の利用金額によっては口座振替よりカード払いは金額的にもお得になりますので、この機会にぜひ検討してみてください。

この記事を書いた人ERI

不動産会社や住宅メーカーで働いていた経験から、主に不動産や金融関係の執筆を行っているWebライター。
その他、グルメや地域ネタなどのジャンルの記事執筆も行っています。初心者にもわかりやすい言葉でテーマを解説しています。
保有資格:宅建・FP2級・教員免許など

年会費永年無料!!
ポイントがざくざく貯まる!

新規入会&利用で5,000ポイント! >

楽天カードをつくる

この記事をシェアする!

あなたにおすすめの記事