2019-06-25公開

結婚費用を節約するには?クレジットカードを使うメリットと注意点!

結婚式代を節約するには?結婚式にもクレジットカードを賢く使おう!
画像出典:fotolia

結婚を決めたら、結婚式や新生活の準備など、出費がかさむ場面が待っています。結婚に関わる費用は金額が大きいだけに、現金払いではもったいないものです。クレジットカードを使うだけで、お得に節約できることをご紹介しましょう。

結婚にかかる平均費用は? どんなことにいくらくらいかかるの?

結婚にかかる費用にはどんなものがあるのでしょうか?結婚式を行うかどうか、ゲストは何名になるか、新婚旅行の行き先、引っ越しが必要かどうかにもよりますが、一例としてご紹介しましょう。

・婚約~結納(結納式、顔合わせ食事会) 約20万円
・婚約指輪&結婚指輪 約60万円
・結婚式 約200~300万円
・新婚旅行(お土産代含む) 約70万円
・新生活にかかる費用(引っ越し代、家具・インテリア購入) 約80万円

特に大きな支払いになるのは「結婚式代」で、会場の規模やドレス・食事・装花のアップグレード、演出の内容によっても金額は増えていきます。様々な支出にこれだけの金額を支払うのなら、クレジットカードでポイントを貯めなきゃ損だと思いませんか?貯めたポイントで、さらにお得にお買い物をしましょう。

結婚にかかる平均費用は? どんなことにいくらくらいかかるの?

画像出典:fotolia

結婚式代をクレジットカードで払うメリットは?

クレジットカードのポイントが貯まる

結婚に数十万円から数百万円かかるとして、同じ金額を支払うにしても支払い方法をクレジットカードにするだけで、カード会社の提供するポイントを貯めることができます。ポイントの利用方法はカード発行会社によって様々ですが、新生活の家具や家電のショッピングに使えたり、新婚旅行に使える航空会社のマイルに交換できたりと、結婚を控えているカップルには嬉しい特典です。

お祝儀を結婚式代に充てることができる

結婚式は、基本的に式前までに会場側へ支払いを行う前払い方式です。現金払いであれば、式前には数百万円のキャッシュを手元に用意する必要がありますが、クレジットカード払いであれば後払いが可能です。クレジットカードの引き落としは結婚式以降となりますので、ご祝儀で入ってきたお金を引き落とし日前に入金することで、支払いに充てることができるのです。

新婚旅行に行く場合は、カード付帯の海外旅行保険が使える

海外に新婚旅行へ行くカップルには、クレジットカードの保険が便利です。ほとんどのクレジットカードには海外旅行保険が付帯していて、年会費無料のクレジットカードでも補償内容が充実しています。

海外旅行保険に注目する場合、治療費補償が充実していることは重視したいポイントです。せっかくの旅行ではありますが、海外では慣れない食事などで体調を崩しがちですので、万が一のときに備えておくことも大事でしょう。海外旅行が初めてのカップルであれば、海外でのトラブルに対する補償や、現地でのサポートサービスが充実していることを重視することもおすすめです。

さらに気をつけたいポイントは、補償が適用される条件です。クレジットカードの海外旅行保険には、クレジットカードを持つことだけで補償が自動で付帯する「自動付帯」と、支払いをそのクレジットカードで行った場合だけ付帯する「利用付帯」があるからです。利用付帯の場合は、ツアー代金をそのクレジットカードで支払うことで条件をクリアできるので、新婚旅行の予約をする前にクレジットカードを用意しておきましょう。

海外旅行にも安心!楽天カードに申し込む

新婚旅行に行く場合は、カード付帯の海外旅行保険が使える

画像出典:fotolia

結婚式費用を払う際は、クレジットカードの利用上限金額に注意!

上限金額を確認しておこう

クレジットカードには、利用限度額があります。普段の生活で意識することは少ないかもしれませんが、結婚に関わる支払いは高額なものが多いので、短期間に重なると限度額を超えてしまうようなことも起こりやすいです。結婚前の大きな買い物の支払いに使ったクレジットカードを新婚旅行に持っていくような場合などは、事前に利用上限金額を確認しておいて、旅先で慌てないようにしましょう。

上限金額を上げる方法

支出が同時期に重なる場合は、クレジットカードの利用上限金額を上げることをおすすめします。申込手続きはカード会社によって違いますが、電話やネットなどで行います。

上限金額の引き上げは、申し込めば誰でも可能なわけではなく、カード入会時と同じように、支払いが滞る心配がないかどうかの審査があります。また、一時的に利用限度額を上げる方法もあり、こちらはハードルが低いようです。

上限金額を上げられなかった時は?

上限金額が上げられなかった場合は、複数のクレジットカードを利用する方法もあります。ただし、この方法は支払いの見込みが立っている場合に限って有効な方法です。支払い能力が問題となって上限金額を上げられなかった場合は、一度にお金を使いすぎないようにしてくださいね。

他にも、限度額まではクレジットカードを利用し、残りは現金払いにする方法もあります。海外への新婚旅行など、現金を持ち歩くのに不安や不便が伴う場面にカード利用限度額をとっておいて、他の支払いは現金で済ませておくなど、計画的に利用しましょう。

クレジットカードを使って結婚の費用を節約しよう!

ご紹介したように、結婚費用にかかる金額は同じでも、支払い方法をクレジットカードにするだけで後払いのメリットを受けたり、ポイント分がお得になったりします。海外旅行保険の保険料を節約したり、ひとつひとつの買い物に振り込みの手間や現金の持ち運びで気を使ったりすることもありません。便利でお得なクレジットカードを使いこなして、結婚費用はもちろん、結婚後の生活も上手に節約していきましょう。

まねーきねこ

不動産開発会社で営業を経験後、ハウスメーカーの設計部、商品開発部に勤務。結婚後はファイナンシャル・プランナー資格を取得。
子育て世代の家計や教育費の相談、親子で楽しみながら学べる金銭教育講座開催に力を入れている。

年会費永年無料!!
ポイントがざくざく貯まる!

新規入会&利用で5,000ポイント! >

楽天カードをつくる

この記事をシェアする!

あなたにおすすめの記事