2019-06-25公開

海外ではクレジットカードが身分証代わりになる?どんなカードを選ぶべき?

海外でクレジットカードを身分証として使えるって本当?実態を調査!
画像出典:fotolia

海外ではクレジットカードが身分証代わりになることも多く、例えばホテルのチェックイン時に提示を求められることも。今回は海外でクレジットカードが身分証となるケースや、海外に持っていくクレジットカードの選び方を解説します。

海外でクレジットカードが身分証になるケース

海外では、支払い方法の主流がクレジットカードである国が多くあります。そのため、クレジットカードに対する認識が日本とは大きく異なるのです。ここでは、海外でクレジットカードが身分証となるケースをご紹介しましょう。

ホテルでのチェックイン

海外ではホテルのチェックインの際に、デポジット(保証金)の支払いを必要とするケースが多くあります。デポジットは預り金とされ、宿泊料金やサービス利用料金とは別に請求されます。

海外ではデポジットを支払う際にクレジットカードの提示を求められることが多いのですが、いくつか理由があります。クレジットカードはカード会社の審査を通過しないと発行されません。そのため、海外ではクレジットカードを保有していることが「支払い能力がある」「カード会社で身分が確認されている」という証明になるのです。

なお、デポジットの支払いの際、現金での支払いは断られたり、クレジットカードでの支払いよりも高額な料金を請求されたり、個人情報の登録を請求されたりすることがあります。よって、海外ではホテルのチェックインにクレジットカードが欠かせません。

レンタカーを借りる時

海外ではレンタカーを借りる際に、クレジットカードの提示が求められます。これは日本国内からレンタカーを借りる予約をする際も同様です。前述したように、クレジットカードを提示することで「支払い能力がある」「カード会社で身分が確認されている」という証明ができるため、身分証としての役割も果たしているのです。

レンタカー会社からすれば、貸した車が返ってこないと困ってしまいます。ですから、クレジットカードを提示できない人は身分が確認できないため、信用がない人だとされてしまい、借りることができないケースがあります。海外でレンタカーを利用したい場合は、クレジットカードが必須だといえるでしょう。

また、クレジットカードによっては付帯サービスの中にレンタカーの手配を行えるものがあります。レンタカー割引のほか、ツアー優待やホテル・レストラン予約のサービスが使えるカード会社もあるため、海外に行く機会が多い人は付帯サービスからクレジットカードを選ぶのも良いでしょう。

海外でクレジットカードが身分証になるケース

画像出典:fotolia

身分証としても持っておきたい!海外旅行におすすめのクレジットカードは?

海外で安心して使えるクレジットカードには、どのような条件があるのでしょうか。ここでは、海外旅行におすすめのクレジットカードをご紹介します。

ステータスが分かるクレジットカード

日本ではクレジットカードでステータスを証明する場面は多くありませんが、海外ではクレジットカードがステータスの証明となる場面があります。クレジットカードは、カード会社による審査に通らないと発行されません。そのため、クレジットカードを保有しているということは、カード会社からの「信用がある人」だと認識されます。身分証として使える海外では、「ステータスの証明のためにクレジットカードを持つ」という選択肢も考えられるでしょう。

例えば、楽天カードには、楽天カードや楽天ゴールドカードよりもサービスが充実している「楽天プレミアムカード」というクレジットカードがあります。楽天プレミアムカードは国内・国際空港のラウンジが利用できるほか、世界38拠点の現地デスクが対応するトラベルデスクを利用できたり、海外旅行傷害保険が付帯されているなど様々なサービスを受けることができます。他の楽天カード同様に、楽天市場のポイントアップ特典も使えるため、ステータスの高いクレジットカードを作りたいという方におすすめです。

ワンランク上のステータスを持つクレジットカード!楽天プレミアムカードに申し込む

顔写真付きのクレジットカード

クレジットカードは支払いと身分証が一緒になっているので便利な反面、万が一紛失してしまった場合、不正利用のリスクが高まります。不正利用されないための予防策の1つとして、顔写真付きのクレジットカードを作成することが挙げられます。顔写真による本人確認を行うことができるようになるので、万が一クレジットカードを紛失したり盗難されたりした場合でも、不正利用を防げる可能性が高くなります。

海外に行く際は、身分証にもなるクレジットカードを用意しておこう!

海外では日本と異なる価値観・文化があるため、日本での「当たり前」が海外では通用しないことが多くあります。海外ではホテルやレンタカーを借りる際などにクレジットカードを提示する場面が多くあり、支払い能力があることの証明となったり、身分証の役割を果たすことがあります。さらに、多くの国ではクレジットカードが支払いの主流となっていることも考慮すれば、海外に行く場合はクレジットカードが必須だと言っても過言ではありません。この機会にぜひ、みなさんもクレジットカードの用意をしておきましょう。

この記事を書いた人ERI

不動産会社や住宅メーカーで働いていた経験から、主に不動産や金融関係の執筆を行っているWebライター。
その他、グルメや地域ネタなどのジャンルの記事執筆も行っています。初心者にもわかりやすい言葉でテーマを解説しています。
保有資格:宅建・FP2級・教員免許など

年会費永年無料!!
ポイントがざくざく貯まる!

新規入会&利用で5,000ポイント! >

楽天カードをつくる

この記事をシェアする!

あなたにおすすめの記事