2019-06-25公開

ゴルファー保険(ゴルフ保険)にお得に加入する方法!保険内容も紹介!

ゴルファー保険にお得に加入する方法があった!保険内容も紹介!
画像出典:写真AC

ゴルフをするならゴルファー保険(ゴルフ保険)に入っておきましょう。ゴルフ場に行った時だけでなく、練習中の思わぬ事故の損害賠償、道具の破損や盗難補償も付いています。ここでは保険の内容やお得な加入方法についてご紹介します。

ゴルファー保険(ゴルフ保険)の主な内容とは

賠償責任補償

ゴルフ場や練習場で起こしてしまった事故に対しての補償です。例えば、自分が打ったボールやスイング中のクラブが他人に当たってケガをさせてしまった場合や、乗用カートの運転中に同乗者が落下してケガをさせてしまった場合、あってはならないことですが、死亡させてしまった場合などの補償です。人だけでなく他人の物を破損させてしまった場合の修理費、またこれらの損害賠償責任に対して起こった裁判にかかる費用や弁護士の費用などが補償に含まれていることもあります。

補償額については、保険会社や加入する保険プランにより異なりますが、人に対する賠償額は5,000万円~1億円が、物に対する補償は10万円~30万円程度が設定されていることが多いです。

自分がケガをした時の補償

自分がゴルフ場や練習場で、思いがけず突然に、かつ急激に起こった身体外からの要因で起きた事故やケガで、入院や治療が必要になった場合、また不幸にも死亡してしまった場合の補償です。そのため、ゴルフの練習を続けたことで起きた慢性的な腰の痛みや、ゴルフプレー中であっても持病に起因する死亡などの場合は補償されません。

自身の補償なら医療保険でもカバーできそうなイメージがあるでしょう。しかし、例えばミスショットが木に当たり跳ね返ってきて目に当たって失明してしまったという場合や、後遺症が残るようなケガでリハビリが長期にわたる場合などの費用は、医療保険によっては補償が薄かったり全く対象外となってしまうこともあります。

補償額や補償期間については、保険会社や加入する保険プランにより大きく異なりますが、死亡・後遺障害は100万円~500万円程度、入院・通院は日額1,000円~5,000円程度が多く、手術代の補償がついているものもあります。

自分のゴルフクラブが破損・ゴルフ用品が盗難された時

破損に関してはゴルフクラブにだけ適用されます。例えばフェアウェイを外れて林に入ってしまい、そのまま打ったら地面にちょうど石がありクラブが折れてしまったなどという場合です。ゴルフクラブ以外のゴルフ用品、例えばスパイクは、新品同様であったとしても破損は補償されません。

盗難に関しては、ゴルフ場や練習場で、本人の過失がなかった場合の盗難に限り補償されます。破損の補償はゴルフクラブだけですが、盗難に関しては他のゴルフ用品も補償対象となります。ボールに関しては単独での盗難は補償されませんが、他の道具と一緒に盗まれた場合には補償の対象です。

補償額は、10万円~30万円程度ですが、対象ゴルフ用品の時価での支払いとなります。

ホールインワンになった時

保険というと悲しい事故に対しての補償であることが多いですが、ゴルフ保険(ゴルファー保険)らしい特徴としてホールインワンまたはアルバトロス達成という嬉しい出来事に対しての補償があります。これはお祝い金が出るという意味ではなく、この偉業を成し遂げた場合に慣例的に行われる、記念品の配布、記念パーティー、記念植樹、同伴キャディーへのご祝儀を贈るなどの費用(実費)を補償する意味のものです。この補償を受けるためには、公式競技中であれば同伴者、仲間内でのプレーであれば第三者による証明やビデオ記録による証明、また記念品やパーティー費用の領収書や納品書など、実際にお祝いを行った証明も必要となります。

補償額は保険会社や保険料等により大きく異なり、10万円~100万円と幅広くなっています。

ゴルファー保険の主な内容

画像出典:写真AC

クレジットカードに付帯しているゴルファー保険(ゴルフ保険)に加入するメリットは?

クレジットカードには、自動でゴルフ保険がついている、またはオプション申込により加入できるカード会員限定のゴルフ保険が用意されていることが多いです。ゴルフ保険単体で入る場合より割安な保険料ですが、補償内容はあまり変わらないものもあります。ゴルフ保険に加入する前に、まずはお手持ちのクレジットカードを確認してみましょう。

カード付帯のゴルファー保険(ゴルフ保険)に入会するには?

ゴルフ保険が自動でついてくるクレジットカードを選ぶ

ゴルフ保険が自動付帯しているものとして、ゴルフに関連する企業が発行するクレジットカードがあります。ゴルフに関連する支払いに利用した場合にポイント還元率が高くなる場合や、ゴルフ場を優待料金で利用できる特典がついている場合もありお得です。他にもプラチナカードやゴールドカードなど、ハイクラス向けのクレジットカードにも多く付帯されています。

オプションでゴルフ保険をつける

自動付帯ではありませんが、年会費が無料のクレジットカードであっても、クレジットカードを保有していればオプションで加入できるゴルフ保険を備えているところがあります。月々数百円という負担の少ない保険料で加入でき、ゴルフ保険単体で加入するよりも保険料が割安でおすすめです。ゴルフプレー日前日にネットからの申込も可能というクレジットカードもあり、手軽に利用できます。

保険料がお手頃で割安であっても、補償は見劣りしないものが多いです。とはいえ、カード会社によって補償の仕組みや補償額に差があります。自分のゴルフプレー頻度などに合わせて、オプションの利用や新たにクレジットカードの申し込みを検討すると良いでしょう。

クレジットカードに付帯しているおすすめのゴルファー保険(ゴルフ保険)

楽天カード会員向けに楽天損保が扱う「楽天カード超かんたん保険」サービスのプランには、ゴルファープランがあります。楽天カードの会員向けサイト楽天e-NAVIから申し込み可能です。標準型を例に挙げると保険料は年払いで4,670円、月払いで430円とお手軽です。夫婦で入るなら割安になる夫婦型もあります。ゴルファー特有の補償項目であるホールインワン・アルバトロス費用保険金額は10万円、個人賠償責任保険金額は1億円の補償が用意されています。ゴルフプレー中の事故だけでなく、日常生活で起きる事故全般も補償してくれます。

楽天カード超かんたん保険の詳細はこちら

ゴルフ好きなら知っておいて損はない!クレジットカードのゴルファー保険(ゴルフ保険)を利用してみよう

これまでご紹介してきたとおり、クレジットカードには自動付帯や、割安な保険料で充実のゴルフ保険に加入できるオプションなどがあります。ゴルフを始めたら、いざという時のために、カード付帯サービスを利用してゴルフ保険に入っておきましょう。

まねーきねこ

不動産開発会社で営業を経験後、ハウスメーカーの設計部、商品開発部に勤務。結婚後はファイナンシャル・プランナー資格を取得。
子育て世代の家計や教育費の相談、親子で楽しみながら学べる金銭教育講座開催に力を入れている。

年会費永年無料!!
ポイントがざくざく貯まる!

新規入会&利用で5,000ポイント! >

楽天カードをつくる

この記事をシェアする!

あなたにおすすめの記事