2019-06-27公開

台湾旅行にクレジットカードは持っていくべき?お得な使い方を解説!

台湾旅行にクレジットカードは必要?使い方は?
画像出典:fotolia

台湾では現金のみにしか対応していないお店も多いですが、クレジットカードが使える場所も増えてきています。今回は台湾のクレジットカード事情を解説し、クレジットカードを持っていくべきかどうかや、お得な使い方をご紹介します。

台湾でクレジットカードは使えるの?現金が主流?

台湾でも日本同様に、年々クレジットカードの普及率は高くなっています。そのため、台湾でも多くの場所でクレジットカードが利用できます。また、クレジットカード以外にも、Apple PayやLINE Payといった決済方式に対応している店舗も多いです。

しかし、規模の小さいお店では現金しか利用できないところも少なくありません。台湾に行く場合はクレジットカードと現金の両方を持ち歩くようにすると良いでしょう。

台湾でクレジットカードは使えるの?現金が主流?

画像出典:fotolia

台湾でクレジットカードが使える場所は?

台湾に旅行に行くのなら、どういった場所でクレジットカードが使えるのか気になりますよね。基本的に、大きなショッピングモールやデパート、免税店、ホテルなどの宿泊施設ではクレジットカードが利用できます。他には、新しくできたお店や有名チェーン店などでも使えることが多いです。

台湾でクレジットカードが使えない場所は?

交通機関

クレジットカードが使えない場所の1つが交通機関です。例えば、電車やバス、タクシーなどの交通機関では利用できないことが多々あります。旅行では交通機関を利用して観光する人も少なくないはずです。移動ができないといったことにならないよう、クレジットカードと併せて現金も持ち歩いておきましょう。

コンビニエンスストアやスーパー

コンビニエンスストアやスーパーなど、大きなデパート以外は基本的に現金のみしか対応していません。稀にクレジットカードが利用できるコンビニエンスストアやスーパーもありますが、その場合は台湾発行のクレジットカードに限られているところが多いです。カード決済可能とお店に書いてあっても、日本のクレジットカードでは利用できない可能性もあるので事前にチェックしておきましょう。

ナイトマーケット

台湾旅行といえば、ナイトマーケットを思い浮かべる人も多いでしょう。台湾旅行で人気の場所、ナイトマーケットも現金払いが主流です。台湾では、ほとんどの屋台が現金のみにしか対応していません。地元の料理を求めて台湾に行くのなら、クレジットカードよりも現金を多めに持っていくようにしましょう。そうしないと、せっかく美味しいものを楽しみにきたのに、何も食べられないなんてことにもなりかねません。

台湾ではどの国際ブランドのクレジットカードが使いやすい?

台湾旅行でおすすめの国際ブランドは、「Mastercard」「Visa」「JCB」です。MastercardとVisaは、世界共通で使いやすいクレジットカードのため、カード決済対応のほとんどのお店で利用することができます。JCBは日本のブランドのため、海外では不向きと言われていますが、台湾ではそんなことはありません。

台湾では日本人観光客が多いことから、日本人向けのお店も増えてきています。そのため、クレジットカードもJCBに対応しているお店が多いです。さらにJCBには、MastercardやVisaには無い台湾向けの優待特典として、レストランやショップなどでの料金割引がついています。

台湾旅行でどの国際ブランドのクレジットカードを持って行こうか迷ったら、Mastercard、Visa、JCBから好きなものを選ぶとよいでしょう。念のため、2種類以上のブランドのクレジットカードを持っていくと、利用できないといった場所が少なくなるので安心です。

台湾でクレジットカードを利用するメリットは?

両替手数料が安い

台湾旅行に行く人の中には、現金で支払うため日本円を台湾通貨に両替する人も多いでしょう。ですが、銀行や空港などで両替するよりも、クレジットカードを利用した方が手数料は安くなります。

どれほど安くなるのかというと、両替の場合手数料は3%~10%も引かれます。しかし、クレジットカードを利用すれば、約1.63%の手数料で済むのです。したがって、クレジットカードが使えるお店では、基本的にクレジットカードで支払うようにすると節約にも繋がります。

海外旅行傷害保険がついてくる

海外旅行で怖いのが、現地でケガや病気になった場合です。クレジットカードには海外旅行傷害保険がタダで付いてくるものもあり、クレジットカードを所持するメリットの1つといえます。

例えば、楽天カードも旅行代金を楽天カードで支払うなどの条件をクリアすれば、無料で海外旅行傷害保険がついてくるクレジットカードです。もし、旅行先でケガや病気をしても、治療費として最大200万円まで補償されます。年会費がタダなのに、条件をクリアすれば海外旅行での保険がついてくるため、海外旅行によく行く人にはお得なクレジットカードです。また、ポイント還元率が高いところも魅力です。

顧客満足度10年連続No.1の楽天カードに申し込む
 ※「2018年度日本版顧客満足度指数調査 クレジットカード業種」

手持ちの現金がなくなってもATMで引き出せる

現金のみで旅行をした場合、残りの金額を考えながら買い物をしなければいけません。なぜなら、お金がなくなった場合、ご飯が食べられないどころか、電車代がなくなってホテルに帰れないなんてことにもなりかねないからです。

しかし、クレジットカードならそういった心配はいりません。現金がなくなっても近くのATMからキャッシングを利用すれば、簡単にお金を用意できるからです。思う存分旅行を楽しむためにも、最低でもクレジットカードは1枚持っていくことをおすすめします。

台湾では現金の方が使う場面が多い!けれどクレジットカードも持っておくと便利!

台湾では現在も現金のみしか対応していないお店も多いため、現金を準備していた方が安心です。しかし、手持ちの現金が少なくなった場合でも、クレジットカードがあれば現地通貨を引き出せるので、とても役立ちます。台湾旅行へ旅行するなら、現金とクレジットカードの両方を持っていくようにしましょう。

※Apple Payは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。

この記事を書いた人トウマ

大学卒業後、証券会社に就職。お客様の株の売買や新規口座開設の案内などカスタマーサポート業務を担当。在職中に証券外務員I種の資格を取得。資格取得後は幅広い金融商品を取り扱う業務に従事。
現在はWebライターとして活動。証券会社時代の経験を活かして、投資やFX、クレジットカードなどのお金に関する情報を初心者向けに発信しています。

年会費永年無料!!
ポイントがざくざく貯まる!

新規入会&利用で5,000ポイント! >

楽天カードをつくる

この記事をシェアする!

あなたにおすすめの記事