2019-06-27公開

クレジットカードで貯めるならポイントよりマイル?効率よく貯める方法を徹底解説

クレジットカードで貯めるならポイントよりマイル?
画像出典:fotolia

マイルやマイレージとは、航空会社が発行するポイントのようなもの。貯まったマイル数に応じて、無料の搭乗券や座席のアップグレードなどに交換できます!この記事では、マイルを効率よく貯める方法や、おすすめのクレジットカードを紹介します。

クレジットカード利用でもマイルは貯まるの?

飛行機の利用に応じてマイルが貯まり、航空券など航空会社のサービスへ交換できる、航空会社のマイレージサービスです。本来、マイルは飛行距離に応じて貯まるものですが、クレジットカードの利用によってもマイルを貯めることができます。

クレジットカードのマイルとは?

画像出典:fotolia

クレジットカードで貯められる「ポイント」と「マイル」の違い

クレジットカードで貯めるといえば、マイルよりもポイントのほうが一般的なイメージかもしれません。ポイントで貯めてからマイルに交換できる場合もあり、似たようなサービスとも受け取れるので、どちらがお得なの?という疑問を持っている人も多いでしょう。

ポイントとマイルの使い分けとしては、ポイントは日々の生活でお得を望む場合、マイルは特に特典航空券へ交換するなど、飛行機関連に特化してお得なサービスを受けたい場合に利用するということになります。

マイルを貯めて航空券などへ交換するためには、ある程度まとまったマイル数まで貯める必要があります。反対に、ポイントは少ない数でも交換できる品物があったり、貯まったその都度お買い物に使用できたりするため、ポイントに比べるとマイルの手軽さは低いと思われるかもしれません。

しかし、マイルのほうが優れている点は、貯まったマイルで交換できる航空券や席のグレードアップの価値を金額換算した場合、ポイントよりも圧倒的に高くなる場合があるということです。

貯まったマイルは航空券以外にも、商品や電子マネーなどに交換することもできますが、この場合の金額換算は、ポイントの場合よりも低くなる場合があります。クレジットカードでマイルを貯めると決めたなら、マイルの有効期限内で計画的に貯めて航空券などに交換することを心がけてください。

日本で利用できるマイレージサービス

ANA

全日本空輸株式会社では、ANAマイレージクラブ(AMC)というマイレージサービスを行っています。日本国内の移動でANAを利用する機会が多い場合に、マイルを効率よく貯めることができます。

ANAのマイレージサービスで、飛行機の搭乗による獲得マイルの計算は、
国内の場合は、
  【国内線フライトマイル = 搭乗区間基本マイレージ × 運賃種別ごとの積算率】
海外の場合は、
  【国際線フライトマイル = 搭乗区間基本マイレージ × 予約クラスごとの積算率】
となります。(全日空が直接運航する場合であり、コードシェア便を利用した場合は異なります)

全日空のホームページ上で各種条件などを入力すると、獲得マイルの計算ができるようになっています。

JAL

日本航空株式会社は、JALマイレージバンク(JMB)というマイレージサービスを行っています。ANAのマイレージサービス同様、日本国内の移動でJALを利用する機会が多い場合、JALのマイレージサービスも貯めやすくなります。

計算方法は
 【フライトマイル = 搭乗区間基本マイレージ × 運賃種別ごとの積算率】
となり、積算率が国際線、国内線のそれぞれで決められています。

国内線のJALのマイレージサービスでは、JALグループ各社、日本航空(JAL)、日本トランスオーシャン航空(JTA)、日本エアコミューター(JAC)、琉球エアーコミューター(RAC)が同じ積算率で計算されます。
他社が運航するコードシェア便については、JAL便名で搭乗した場合のみが積算対象です。

外国の航空会社

長距離を飛行すればそれだけマイルも貯まりますから、国際線を利用する際はマイルがさらに貯まりやすくなります。
日本国内の移動より海外出張が多いという方は、日本の航空会社のマイレージサービスではなく、よく行く国への便が充実している海外の航空会社のマイレージサービスに入会したほうがお得な場合もあります。

・デルタ航空のスカイマイル
交換できる航空券の必要マイル数は多くなりますが、獲得マイルの有効期限がないことが特徴です。次はいつ利用するかわからないという方も、貯めておいて損はありません。

・ユナイテッド航空マイレージプラスプログラム
世界最大のアライアンスであるスターアライアンスに加盟しており、貯めやすさで人気があります。同じくスターアライアンスに加盟している、ANAの利用でも貯めることができます。

クレジットカードでマイルを貯めるメリット

ANAのマイルを貯めるメリットとデメリット

ANAは、世界最大の航空会社の提携グループである、スターアライアンスに加盟しています。世界各国の加盟航空会社の利用マイルをANAマイルに積算していくことができますので、合算できるマイルを貯められる可能性が高くなることがメリットです。

半面、マイルが貯まっていざ航空券に交換しようとしたときに注意する点があります。マイルで交換できる座席数は決まっているため、希望の便で交換しようと思ってもなかなか取れない点です。ANAマイルは有効期限が3年間ですが、その間際になってやっと貯まったマイルを航空券と交換したくても、利用したい日程で席が残っていないということがありえます。

マイルを交換したいがために、希望していない日程や行き先への旅をするようなことになるようでは、本末転倒なことにもなりかねません。

JALのマイルを貯めるメリットとデメリット

JALマイルは、ANAマイルと比較してクレジットカードでマイルが貯めやすい傾向にあります。さらには、国内線のLCCでも唯一マイル積算が可能です。ジェットスターの利用でJALマイルが獲得できるのです。

半面、加盟しているアライアンスはワンワールドで、スターアライアンスよりも加盟航空会社が少なくなります。そのため、JAL以外の航空会社を使った時でもマイルを貯めたいという国際線利用の多い方には少々不利となります。

貯まったマイルを交換する際は、JALマイルは比較的競争率が低く、希望の便を予約しやすい傾向です。

ANAマイルを貯めるなら楽天カードがお得!

楽天カードはポイントが貯まりやすいことで人気のカードですが、ANAマイルへの交換という面からもお得になっています。

貯まったポイントをマイルに交換するサービスは他のカード会社にもありますが、交換手数料がかかったり、交換手数料分のポイントが差し引かれたりします。ところが、楽天カードはこれが無料なのです。

楽天カードで貯めることのできる楽天スーパーポイントは、クレジットカードの利用以外でも、楽天関連のサービス利用や、街中でのお買い物や食事などでもポイントを貯めることができます。ポイントの獲得機会が多いため、効率的です。貯まった楽天スーパーポイントは、50ポイント以上2ポイント単位でマイル移行ができます(期間限定ポイントを除く)。

ポイントがざくざく貯まる!楽天カードに申し込む

飛行機をよく使うなら、クレジットカードでマイルを貯めよう

これまでご紹介してきた通り、いろいろな注意点はありますが、飛行機をよく利用される方なら、通常のポイントを貯めるよりもマイルを貯めるほうが、無料航空券に交換できたりしてお得です。仕事やプライベートで飛行機をよく利用される方は、陸でも空でも効率よくマイルを貯めていきましょう。

まねーきねこ

不動産開発会社で営業を経験後、ハウスメーカーの設計部、商品開発部に勤務。結婚後はファイナンシャル・プランナー資格を取得。
子育て世代の家計や教育費の相談、親子で楽しみながら学べる金銭教育講座開催に力を入れている。

年会費永年無料!!
ポイントがざくざく貯まる!

新規入会&利用で5,000ポイント! >

楽天カードをつくる

この記事をシェアする!

あなたにおすすめの記事