2019-07-11公開

空港が便利で快適に!ANAラウンジのサービス内容と利用条件を紹介

空港が便利で快適に!ANAラウンジのサービス内容と利用条件を紹介
画像出典:fotolia

空港ラウンジとは、出発までの待ち時間を快適に過ごすためのスペースです。運営企業によってサービス内容や条件が異なります。ここでは、全日本空輸が運営するANAラウンジサービスについて詳しく紹介します。

ANAラウンジのサービスとは

空港のラウンジには種類があり、各種クレジットカードのゴールドカードやプラチナカード保有者が利用できるラウンジが、よく知られているのではないでしょうか。

ただ、利用条件を満たす人が多いため混雑しがちになり、ゆったり過ごしたいという本来の目的が叶わないことも多いようです。

こうしたカード保有者を対象としたラウンジサービスとは一線を画すのが、航空会社が運営するラウンジです。ANAラウンジは航空会社である全日空(ANA)が運営しています。ANAの上級会員資格を持っているか、搭乗座席種がビジネスやプレミアムなどのハイクラスを利用する人向けのラウンジで、高級感あふれるスペースになっています。ただし、羽田空港・成田空港のANA LOUNGEなど一部に限られますが、利用条件を満たさなくても別途料金を支払えば利用できるラウンジもあります。

ANAラウンジのサービス内容

ANAラウンジは日本国内のANA便が飛んでいる空港にあります。空港によって営業時間や提供されるサービスの違いはありますが、ゆったりとした高級感あふれる空間づくりは共通しています。

地方空港では飲食のメニューにその土地の名物が取り入れられたり、忙しいビジネスマンが多い羽田空港ではシャワーブースやマッサージチェアが利用できたりと、利用者の視点に立った気の利いたサービスが見受けられます。

他にも、アルコール飲料やおつまみ、ソフトドリンク、軽食、雑誌、新聞、週刊誌、電源、無線LANなどのサービスが用意されていますので、利用する際は事前にANAラウンジのホームページでチェックしてみてください。

充実のサービスが受けられるANAラウンジを利用していると、のんびりしすぎて飛行機に乗り遅れそうですが、そこはご安心を。ANAラウンジは出国手続きを終えた後の制限区域内にあり、搭乗ゲートにも近いことが多いです。ゲートが開くまでゆったりと過ごせますね。

ANAラウンジのサービス内容

画像出典:fotolia

ANAラウンジのサービスを受ける方法

充実したサービスとラグジュアリーな空間で空の旅を一層楽しめるANAラウンジ。ぜひ利用してみたい!と思われたことでしょう。

ここでANAラウンジのサービスを無料で受ける方法を5つご紹介します。

1.ANAスイートラウンジ利用券を使用する

ANAラウンジのさらに上のグレードのラウンジであるANAスイートラウンジの利用券があれば、ANAラウンジも利用できます。

ANAスイートラウンジの利用基準のひとつに、ANAの最上級会員であるダイヤモンドメンバーであることが挙げられます。ダイヤモンドメンバーの会員にはANAスイートラウンジ利用券が発行されます。この利用券を譲り受けた方であれば、メンバーでなくてもANAラウンジが利用できます。

2.高いグレードのクラスに搭乗する

高いグレードとは、国内線ならプレミアムクラス、国際線ならファーストクラス、ビジネスクラス、プレミアムエコノミーのいずれかのことです。高価な搭乗券を利用するお客様へのサービスとして、ANAラウンジが利用できるようになっています。

3.ANAマイレージクラブのプレミアムメンバーである

ANAマイレージクラブでは、年間基本マイレージ、予約クラス、運賃種別ごとの積算率、路線倍率、搭乗ポイントによってANAプレミアムポイントを算出しています。このANAプレミアムポイントの年間ポイント数によって、翌年度のプレミアムメンバーサービスのステイタスが決定されます。このANAプレミアムポイントは、お買い物などで貯まるマイルとは違って、飛行機に乗ることでしか貯めることができません。

ANAマイレージクラブのプレミアムメンバーサービスのステイタスは、上から、ダイヤモンド、プラチナ、ブロンズの3つです。この3種類のいずれかの資格を持っていれば、ANAラウンジを利用できます。

4.スターアライアンスのゴールドメンバーになる

日本の航空会社であるANAが、世界各国の航空会社と共に所属している航空団体が「スターアライアンス」です。このゴールド会員であれば、ANAラウンジのサービスを利用することができます。また、スターアライアンスのゴールド会員になれば、ANAだけではなくスターアライアンスに加盟している他の航空各社のサービスを受けることもできます。

5.ANA Million Milerになる

ANA Million Milerは、ANAマイレージクラブに入会してから、生涯にわたっての総飛行距離の実績である「ライフタイム(LT)マイル数」でランクが決まります。

このLTマイル数が200万マイル貯まった会員には「Lounge Access Card」が発行されます。このカードの提示で日本国内の国内線、国際線のANAスイートラウンジ、ANAラウンジを生涯利用することができます。

ただし、この200万マイルを貯めるためには、相当な頻度で搭乗しなければなりません。

ANAラウンジを使いたい!そんな方に、マイルを貯めやすい楽天ANAマイレージクラブカードをご紹介

ここでは、マイルを貯めやすいクレジットカードとして、初年度年会費無料で2年目からの年会費も550円(税込み/年1回の利用で無料)の「楽天ANAマイレージクラブカード」を紹介します。

楽天ANAマイレージクラブカード新規入会&利用でポイントプレゼント|楽天カード

楽天ANAマイレージクラブカードは、楽天カード(クレジットカード)、電子マネーの楽天Edy、楽天ポイントカード、そしてANAマイレージクラブの4種類の機能を集約しています。

「ANAマイルコース」と「楽天スーパーポイントコース」を選択することができ、「ANAマイルコース」を選択しておけば、クレジットカードや電子マネー楽天Edyで支払ったときに、ANAマイルが貯まるため、普段の支払いでマイルを貯めやすくなります。また、上記のコースは、「楽天e-NAVI」上で簡単に変更できるため、貯めたいものに応じてコース変更するのが良いでしょう。

空港ラウンジではありませんが、楽天ANAマイレージクラブカード会員は、ハワイにある楽天カードラウンジを無料で利用できます。休憩で立ち寄るのに便利なワイキキ中心部にあり、飲み物やクーポン、旅先で便利な様々なサービスを受けることができます。

ハワイでも楽天カードが大活躍!|楽天カード

空港に行った際は、ANAラウンジを使ってみよう!

空港ラウンジの中でもANAラウンジはサービス内容が特に充実していることをご説明しました。

無料で利用できる対象者になるには条件が厳しいですが、搭乗前にANAウェブサイトで予約し料金を支払えば、誰でも利用可能なラウンジもあります。

この利用料は、国際線を利用する場合は事前予約がお得なので、対象フライトに乗ることが決まったら、ぜひANAラウンジの予約も申し込んでみましょう。支払いには、マイルが貯まりやすい楽天ANAマイレージクラブカードがおすすめです。

まねーきねこ

不動産開発会社で営業を経験後、ハウスメーカーの設計部、商品開発部に勤務。結婚後はファイナンシャル・プランナー資格を取得。
子育て世代の家計や教育費の相談、親子で楽しみながら学べる金銭教育講座開催に力を入れている。

年会費永年無料!!
ポイントがざくざく貯まる!

新規入会&利用で5,000ポイント! >

楽天カードをつくる

この記事をシェアする!

あなたにおすすめの記事