2019-07-11

クレジットカードのサインはどう書くのが正解?適当でいいって本当?

クレジットカードのサインはどう書くのが正解?適当でいいって本当?
画像出典:fotolia

「クレジットカードのサインに決まりはあるの?」と疑問を持つ人も少なくないでしょう。特に決まりはありませんが、好ましいとされるサインはあります。こちらでは、サインの書き方やサインの意味、好ましいサインについて紹介します。

クレジットカードのサインに決まりはある?

会計時にクレジットカードを利用した場合、サインを求められたことはありませんか?その際に「どうやってサインしたらいいのか?」「決まりはあるの?」と悩んだ人もいるでしょう。結論からいうと、クレジットカードのサインに明確な決まりはありません。そのため、サインを英語で書いても日本語で書いてもよいですし、ひらがなやカタカナでも特に問題ありません。

しかし、決まりがないからといって、サインするたびに違うサインを書くのはよくありません。サインを書く目的は本人確認にあるため、カード裏面の署名と一致させる必要があります。サインを書くたびに変えると、カード裏面の署名と一致しないため、カードの契約者本人ではないと判断される恐れもあるので気をつけましょう。

クレジットカードのサインに決まりはある?

画像出典:fotolia

そもそもクレジットカードのサインの意味は?

不正利用を防ぐため

カード払いで求められるサインには、不正利用を防ぐ目的があります。本当にクレジットカードの契約者本人が利用しているのか、お店側は確認する必要があるのです。お店側はクレジットカードの裏面に書いてある署名とサインが一致するかを確認して合っていれば決済が行われますが、異なっていると利用を断ることもあります。

また、クレジットカードの裏面に署名がされていないと本人確認ができないため、クレジットカードが使えなかったり、署名を書くようにいわれたりする場合もあります。署名がされていないと、他の人が勝手に署名して不正に利用される恐れもあります。また、署名をしていない状態で他人に悪用された場合、盗難補償が受けられない可能性もあるので気をつけましょう。

支払い金額同意のため

カード利用時に、サインをするもうひとつの目的が支払い金額の同意です。「本当にその商品を購入(利用)した」、「金額も問題ない」、「クレジットカードで支払うことに了承した」、という利用者側の同意のためのサインとなります。そのため、サインをした後に「やっぱり金額に納得できない」といっても、返品・返金に対応してくれない場合があります。カード決済でサインをする場合は、商品や金額、支払い方法をしっかり確認してからサインをするようにしましょう。

クレジットカードのサインはどういうものがいい?

パスポートと同じ署名

サインに決まりはないといっても、好ましいサインはあります。もし海外旅行によく行くのなら、パスポートと同じサインがよいでしょう。理由は、セキュリティ対策のためです。基本的にパスポートの署名は自国の文字で書かれる場合が多いでしょう。そのため、海外でクレジットカードをなくして他の人に不正利用されそうになったとしても、自国の文字ではないサインなので他の国の人には真似されにくいのです。カード会社によっては、パスポートと同じ署名を推奨しているところもあります。

漢字フルネーム

サインとしておすすめなのは、フルネームを漢字で書くことです。理由は、真似されにくいから。漢字は英語に比べて書くのが難しく、真似されにくいです。そのため、万が一クレジットカードをなくしたり盗まれたりしても、不正に利用されるリスクを軽減できます。逆に英語などは真似されやすいため、避けたほうがよいでしょう。

シンプル

人によっては真似されにくくするため、複雑なサインにする人もいるでしょう。しかし、複雑なサインは、真似されることの防止につながる一方、サインに時間がかかるという欠点があります。せっかくクレジットカードを利用して支払い時の手間を省いているのに、サインに時間を取られては本末転倒です。サインは真似されにくくシンプルですぐ書けるものを選びましょう。

クレジットカード利用時、サインを適当に書くことはNG?

今回紹介したように、サインを適当に書いてしまうと、クレジットカードで支払いができない、購入金額が違っていたのに対応してもらえないなど、様々なデメリットが発生します。また、サインを適当に決めることによって不正に利用されたりと、セキュリティの面においても危険がたくさんあります。クレジットカードを悪用されないためにも、適当に書くのではなく、しっかりサインするようにしましょう。

ちなみに「チェックマーク」をサインとして利用する人がいますが、おすすめしません。お店によっては何もいわれないこともありますが、ほとんどの店舗では正しく書くように促されます。サインには、本人確認の意味があるので、簡略化しないでしっかり書くようにしましょう。

安全・安心のセキュリティ対策!楽天カードに申し込む

クレジットカードを使うとき、適当なサインはNG!しっかり丁寧にサインしよう

このように、クレジットカードの支払い時にするサインは、不正防止や本人確認など大切な意味を持つものです。会計を早く済ませたいからといって適当にサインを書いてしまうと、自分が損をすることもあります。そうならないためにも、クレジットカードを利用する場合は、しっかりサインを書くようにしましょう。

トウマ

大学卒業後、証券会社に就職。お客様の株の売買や新規口座開設の案内などカスタマーサポート業務を担当。在職中に証券外務員I種の資格を取得。資格取得後は幅広い金融商品を取り扱う業務に従事。
現在はWebライターとして活動。証券会社時代の経験を活かして、投資やFX、クレジットカードなどのお金に関する情報を初心者向けに発信しています。

年会費永年無料!!
ポイントがざくざく貯まる!

新規入会&利用でポイントもらえる >

楽天カードに申し込む

この記事をシェアする!

あなたにおすすめの記事