2019-07-11

クレジットカードが使えない!突然の停止の原因と対処法を解説

クレジットカードが使えない!突然の停止の原因と対処法を解説
画像出典:fotolia

クレジットカードが突然使えなくなったときの原因や対処法について解説します。クレジットカードの利用が停止される理由にはいくつかありますが、使えない事態が起こっても、焦らず原因を確認し、適切に対処することが必要です。

カードが突然使えない!?クレジットカードが停止する原因

利用可能額を超えた場合

クレジットカードには、利用可能額が設定されています。利用可能額をお忘れの方は、契約書類やカード会社の会員ページからご確認ください。最初の契約時に、必ず利用可能額が設定されています。この利用可能額を超えてしまうと、特別な連絡なしに突然クレジットカードが使えなくなってしまうことがありますので、利用可能額を把握し、その金額を超えてしまうことのないようにクレジットカードを利用しましょう。

滞納をしていた場合

クレジットカードの支払いを滞納した場合、クレジットカードの利用が停止されることがあります。毎月の利用額を金融機関からの自動引き落としにしている場合、口座の残高が不足していると引き落としがされず、クレジットカードの利用がとめられてしまうことがあります。

1度や2度の滞納であれば一時的なクレジットカードの利用停止で済むかもしれませんが、何度も繰り返しているとカード自体が停止されてしまいます。さらに、他の会社のクレジットカードの発行についても影響する可能性があるため、毎月の引き落とし日の前営業日までには、口座の中に余裕を持ってお金を入れておくことをおすすめします。

他にも、コンビニ払いを選択していたものの支払い日をつい忘れてしまい、うっかり滞納してしまうこともあるでしょう。そうならないために、口座登録することをおすすめします。口座を登録したら、毎月の引き落とし日にきちんと間に合うように口座に入金しましょう。

また、あわせて確認したいのが、携帯電話番号等の連絡先に正しい情報を登録しているか、ということ。カード会社から連絡があるかもしれないので、こちらの確認も忘れずに行いましょう。

規約違反をしている場合

クレジットカードの規約違反を行った場合、利用停止になる可能性があります。たとえば、換金目的に商品を購入してショッピング枠を現金化していた場合などです。こういった行為はクレジットカードが利用停止になるだけではなく、契約が解除される可能性も高くなります。

クレジットカードの利用停止を解除する方法は?

利用可能額を超えた場合

利用可能額を超えてしまったためにクレジットカードが停止されている場合には、利用可能枠を引き上げることで対処できます。利用可能枠の引き上げには、一時的な引き上げと継続的に引き上げるものの二種類があります。海外旅行や新生活などで一時的にカード利用額が増える場合には一時的な引き上げ、今後も利用可能額を超えそうなら継続的な引き上げを検討しましょう。なお、楽天カードでは、会員サイト「楽天e-NAVI」から利用可能枠の引き上げを申し込むことができます。ただし、引き上げを希望した際には審査がされるため、必ず引き上げられるとは限らないと覚えておきましょう。

滞納をしていた場合

滞納によりクレジットカードが停止してしまった場合、再びカードが使えるようになるのは、カード会社が支払いを確認できた後になります。多くの場合、初めての滞納であれば支払い確認後、特にペナルティなどなくカードが使えるようになりますが、滞納を繰り返している場合、規約違反になりペナルティの対象となります。最悪の場合、契約解除になるでしょう。また、カード会社の会員規約によっては、一回の滞納でもペナルティの対象になり、遅延損害金が発生したり、契約内容が変更になるかもしれません。

規約違反をしている場合

換金目的の商品購入のように、重大な規約違反により利用停止になった場合、利用停止の解除はできずに契約解除となる可能性が高いでしょう。最初から規約違反を行わないよう気をつけるしかありません。また、規約違反によって契約解除となった場合、その情報は他のカード会社にも共有されます。新たに別のカード会社のクレジットカードを申し込みする際にも不利になってしまいます。

利用停止を解除する方法は?

画像出典:fotolia

セキュリティが働いてクレジットカードが使えない状態になることも

これまでご紹介した内容では、クレジットカードが使えなくなった原因はすべて自分にありました。利用可能額を超えた、滞納をした、規約違反をした、などはすべて自身の行動です。しかし、それ以外にもクレジットカードが利用停止になるケースもあります。

なぜ思い当たることがないのに急にクレジットカードがとまることがあるのかというと、「カード不正利用検知システム」が働いた場合があげられます。たとえば、普段日本で使われているクレジットカードが急に海外で利用されたり、短期間に同じ店で何度も同じクレジットカードが利用されたりした場合などに、悪用の可能性があると判断され、それ以上の利用を防止するためにカード会社が利用停止を行います。

カード不正利用検知システムが作動した場合、実際に不正利用されている場合もあれば、単に普段と違う使い方をしたために検知された、という場合もあります。クレジットカードがとまっていることに気づいたら、すぐに自身からカード会社に連絡をするとよいですが、カード会社からも連絡が来る場合が多いです。

自分自身のカード利用によりカード不正利用検知システムが作動していた場合は、事情を説明すれば利用停止は解除されます。

安全・安心のセキュリティ対策!楽天カードに申し込む

クレジットカードが使えなくなったら、まずは落ち着いて原因を見つけよう

クレジットカードが突然利用停止になった場合、まずは落ち着いて原因を見つけましょう。今回ご紹介した利用可能額の超過や支払いの遅れ、規約違反を起こしていないかどうかをまずは確認してみてください。

もし、思い当たる原因がない場合には、カード不正利用検知システムに引っかかっている可能性があります。その場合には、すぐにカード会社に問い合わせて、使えなくなっている理由を確認することをおすすめします。

yeah.peach

元金融系SE。現在はフリーランスとして、Webライティング、Webディレクター業務、受託開発、などで生計を立てている。主な執筆ジャンルはIT(プログラミング、IT転職、受託案件)、金融(投資、税金、クレジットカード、保険)など。

年会費永年無料!!
ポイントがざくざく貯まる!

新規入会&利用でポイントもらえる >

楽天カードに申し込む

この記事をシェアする!

あなたにおすすめの記事