2019-07-25公開

デビットカードのメリットや作り方を解説!クレジットカードとの違いは?

デビットカードは作っておくべき?メリットや作り方を徹底解説
画像出典:fotolia

お店などでの支払いの際、口座から即時に代金が引き落とされるデビットカード。クレジットカードとは違った使い方が可能で、メリットも豊富です。今回は、デビットカードの作り方や使うメリット、使える場所などをご紹介します。

デビットカードとは

デビットカードとは、お店などでの支払いの際、口座から即時に代金が引き落とされるカードです。デビットカードについて理解しやすいように、クレジットカードと比較しながら解説していきましょう。

クレジットカードとデビットカードの最大の違いは、クレジットカードは後払いのカードであるのに対して、デビットカードは支払いの都度、口座から即時に引き落とされるカードであるということでしょう。さらに、クレジットカードは分割払いやリボ払い、ボーナス払いなど支払い回数が複数から選べることに対して、デビットカードは一括払いのみです。

また、利用可能額についても異なります。クレジットカードは「利用限度額」という枠があらかじめ決められており、例えば「50万円」に設定されていれば口座の残高に関わらず、50万円まで使えます。一方、デビットカードは口座から直接引き落とされる仕組みなので、口座の残高そのものが利用限度額ということになります。

その他、クレジットカードの場合はキャッシングなどの借入ができますが、デビットカードでは借入ができません。そのため、海外で現金を引き出す際、クレジットカードの場合は借入として、デビットカードの場合は預金の出金として引き出されます。

デビットカードとは

画像出典:fotolia

デビットカードの作り方

デビットカードは、カード申込時に金融機関の口座開設が必要となります。

デビットカードの新規申込は、各金融機関のウェブサイトからできます。申し込みの際、その金融機関の口座を持っていない場合は、同時に口座開設の手続きも進めることになります。すでに口座を開設している場合は、申し込みが完了すると新しくデビットカードつきのキャッシュカードが郵送されます。

申し込みの際に必要な書類は各金融機関によって異なりますが、運転免許証などの身分証が必要となることが多いです。申込手続きが完了してから、約1週間~2週間程度でデビットカードが自宅などに郵送されます。

ちなみに、身分証明書として使用できるものとしては運転免許証の他に、パスポート、住民基本台帳カード、住民票、健康保険証、在留カードなどがあります。

デビットカードのメリット

使いすぎることがない

デビットカードは金融機関の口座と紐づいていますので、最大でも利用できる金額は口座に入っている金額までとなります。そのため、お金の使いすぎを防ぐことができます。あらかじめ口座に入れておく金額を制限しておけば、その金額以上に利用することはできません。また、口座から即時に引き落とされますので、「翌月の引き落とし日までにお金を準備しないといけない」という手間もなくなります。

海外のATMで現地通貨を引き出せる

海外での滞在中、デビットカードがあれば、ATMから現地の通貨を引き出すことができます。デビットカードは金融機関の口座と直結していますので、口座に預けているお金から現金として引き出すことになります。ですから、海外でクレジットカードから現金を引き出そうとすると借入となるので金利が発生してしまいますが、デビットカードの場合は預金口座からの出金なので金利がかからないというメリットがあります。

クレジットカードを持つことができない年齢でも、デビットカードなら持てる

クレジットカードは高校生を除く18歳以上でないと申し込むことができません。しかし、デビットカードであれば、高校生であっても申し込むことが可能です。例えば、楽天銀行のデビットカードであれば16歳以上から申し込みできます。その他金融機関のデビットカードによっては15歳以上から申し込みできるものもあります。デビットカードであればクレジットカードよりも早いうちから持つことができますので、メリットの1つだといえるでしょう。

デビットカードが使える場所

店舗で使う

デビットカードにはVisaやJCBなどの国際ブランドが記載されています。記載された国際ブランドの加盟店であれば、クレジットカードと同じようにデビットカードを使用することができます。お店での支払いの際、デビットカードはクレジットカードと同じように使用できますが、前述した通り支払い方法や支払い回数などは異なります。

ネット通販で使う

インターネット通販の支払いにもデビットカードを使用できます。支払い画面からデビットカードを選択し、クレジットカードと同じようにカード番号や有効期限など必要事項を入力して支払うことができるのです。デビットカードの選択肢がなかったとしても、クレジットカードと同じようにカード情報を入力すると支払うことができる場合もあります。

海外のATMで使う

海外に滞在中、デビットカードがあればATMを利用して直接現地通貨を引き出すことができます。現地通貨が足りず困ったときなどの場面で役立つでしょう。

デビットカードとクレジットカードの使い分け

普段の支払いでの使い分け

日常生活で、みなさんはどのようにお金を使っていますか?お金の使いすぎが気になる方は、デビットカードを利用するとよいでしょう。預金残高以上の支払いができませんので、使いすぎる心配がありません。

デビットカードの利用にもポイントが付与されるものがありますが、クレジットカードに比べると還元率が低いことがあります。お金を使いすぎる心配はない、計画的に支払いをすることができるという方はクレジットカードを利用するのがよいでしょう。

海外での使い分け

前述「デビットカードとは」の項目で説明しました通り、クレジットカードでは借入、デビットカードでは預金口座からの出金という形で、現地通貨を引き出すことができます。クレジットカードの場合は借入のため金利が発生しますが、デビットカードでは預金口座から引き出しているので金利がかかりません。こうした違いから、海外での利用も使い分けるとよいでしょう。

メリット豊富なデビットカードを作って、使いこなそう!

クレジットカードと同じように利用できるデビットカードですが、クレジットカードにはない独自のメリットがあります。クレジットカードとデビットカードの両方に申し込みをして、上手に使い分けることができると良いですね。この機会に、ぜひみなさんもデビットカードの申し込みを検討してみてはいかがでしょうか。

手続きカンタン!楽天カードに申し込む

この記事を書いた人ERI

不動産会社や住宅メーカーで働いていた経験から、主に不動産や金融関係の執筆を行っているWebライター。
その他、グルメや地域ネタなどのジャンルの記事執筆も行っています。初心者にもわかりやすい言葉でテーマを解説しています。
保有資格:宅建・FP2級・教員免許など

年会費永年無料!!
ポイントがざくざく貯まる!

新規入会&利用で7,000ポイント! >

楽天カードをつくる

この記事をシェアする!

あなたにおすすめの記事