2019-08-08

電子マネーとは?クレジットカードとの違いや賢い使い方を解説

電子マネーとは?クレジットカードとの違いや賢い使い方を解説
画像出典:fotolia

電子マネーとクレジットカードの違いを聞かれると答えられない人も多いのではないでしょうか?この記事では、電子マネーとクレジットカードのそれぞれの特徴、賢い使い方、電子マネーとクレジットカードの一体型のメリットを解説します。

電子マネーとクレジットカードのそれぞれの特徴・違いとは

電子マネーの特徴

電子マネーとは、お金を電子化したもので、ICカードやスマホアプリなどの形態があり、発行には審査がなく気軽にはじめられることが特徴です。代表的な電子マネーには、楽天Edy、nanaco、WAONのほか、Suicaなどの交通系電子マネー、カード会社等が運営するiD、QUICPayなどがあります。多くの電子マネーは、お金をあらかじめチャージしておくプリペイド式を採用しています。

電子マネーはかざすだけで決済が可能ですが、利用できる場所はコンビニエンスストアやスーパーなどの実店舗が中心です。

クレジットカードの特徴

クレジットカードは、電子マネーと違い事前にチャージをする必要がなく、後払いとなります。クレジットカードを使ってお買い物をすると、あらかじめ設定していた銀行口座などから後日代金が支払われます。また、実店舗で使用するだけでなく、ネットショッピングや水道光熱費の支払いにも使える点が便利です。

そして、電子マネーと違い発行には審査があります。決済時にもサインか暗証番号が必要になるケースが多いです。さらに、クレジットカードには保険がついているものが多く、紛失した際の補償や、海外旅行傷害保険などの付帯サービスなどが用意されています。

電子マネーとクレジットカードの賢い使い方は?

クレジットカードは通常サインか暗証番号が必要になりますが、電子マネーはプリペイド式が一般的で、店舗ではサインや暗証番号なしで使用できます。ネットショッピングにおいては、電子マネーと比較してクレジットカード決済に対応しているサイトが多く、チャージ残高を気にする必要がないクレジットカードでのお支払いが便利です。

電子マネーにはチャージ金額の上限があるため、店舗での少額決済では電子マネーを使用し、高額のお買いものなどで電子マネーのチャージ金額が不足する場合はクレジットカードを使用する、ネットショッピングではクレジットカードを使用する、という使い分けをすると便利でしょう。使い分けるためにクレジットカードと電子マネーをそれぞれ持つのも良いのですが、分けて持つと2枚を持つ必要があり、管理に手間がかかります。そのため、クレジットカードと電子マネーが一体型になっているカードを使うのがおすすめです。詳しくは後述しますが、一体型のカードを使えば管理しやすいだけでなく、チャージの手間も省けますし、自動で電子マネーをチャージできる機能(オートチャージ機能)が付いています。

電子マネーとクレジットカードの賢い使い方は?

画像出典:fotolia

電子マネーとクレジットカードの一体型カードのメリットは?

オートチャージできる

電子マネーとクレジットカードの一体型カードには、ほとんどの場合オートチャージ機能が付いています。通常の電子マネーは事前にチャージする必要があり、チャージを忘れると残高不足で支払いができなくなります。しかし、一体型のカードなら、残高が減ったタイミングで自動的にチャージを行うように設定できます。チャージした金額分は、後日クレジットカードの利用分として登録口座から支払われます。

つまり、クレジットカードのチャージをしなくて良いというメリットと、電子マネーのサインや暗証番号がいらないというメリットのいいとこ取りができます。

また、電子マネーの残高が○○円以下になったら○○円チャージする、とあらかじめ設定しておくことができます。たとえば残高が1万円以下になったら1万円チャージするという設定が可能です。オートチャージの設定にしておいても、好きなタイミングでチャージすることもできます。

カードが1枚で済む

電子マネーとクレジットカードは本来別々のものですが、一体型カードにすれば1枚で済みます。

ポイントが二重で貯まる

電子マネーとクレジットカードの一体型カードでは多くの場合、電子マネー利用時だけでなく、電子マネーにチャージする際にもポイントが貯まる仕組みになっています。オートチャージでもポイントが貯まるので、特に意識せずともポイントが二重で貯まります。

電子マネーとクレジットカードの一体型といえば楽天カード

楽天Edyのチャージと利用で楽天スーパーポイントが貯まる

電子マネー「楽天Edy」へ楽天カードを使ってチャージすれば、チャージ金額200円ごとに楽天スーパーポイントが1ポイント貯まります。さらに、楽天Edyを使用したお支払い時にも200円ごとに1ポイントが貯まりますので、効率良くポイントを貯めることができます。

ポイントがザクザク貯まる!楽天カードに申し込む

使える店舗が多い

楽天Edyは2019年5月1日時点で全国63万カ所以上の加盟店があり、コンビニエンスストアやスーパーマーケット、ドラッグストアなど幅広い店舗で使うことができます。キャッシュレス化が進んでいることからも、使える店舗は今後さらに増加していくと見込まれます。

電子マネーとクレジットカードを上手に使いこなそう!

電子マネーとクレジットカードはそれぞれのメリットに合った使い分けをおすすめします。両方をお得で便利に活用するには、電子マネーとクレジットカードが一体型になっているカードがおすすめです。1枚のカードを持ち歩くだけで、そのときに応じた支払い方法が選べるだけでなくポイントも貯まりやすくなります。

yeah.peach

元金融系SE。現在はフリーランスとして、Webライティング、Webディレクター業務、受託開発、などで生計を立てている。主な執筆ジャンルはIT(プログラミング、IT転職、受託案件)、金融(投資、税金、クレジットカード、保険)など。

年会費永年無料!!
ポイントがざくざく貯まる!

新規入会&利用でポイントもらえる >

楽天カードに申し込む

この記事をシェアする!

あなたにおすすめの記事