2019-09-12公開

「楽天スーパーポイント」で投資ができる!ポイント運用・ポイント投資の流れや特徴を解説

楽天スーパーポイントで投資ができる!ポイント運用・ポイント投資の流れや特徴を解説
画像出典:fotolia

楽天が提供している「ポイント運用」や「ポイント投資」をご存知でしょうか。楽天スーパーポイントを使って投資ができる、投資初心者にもおすすめなサービスです。今回はこれらのサービスの特徴や始め方、メリットなどを詳しく説明していきます。

そもそも「楽天スーパーポイント」でのポイント運用とは?ポイント投資との違いを踏まえて解説!

クレジットカードで貯めたポイントの使い道に困ったことはありませんか?楽天カードの利用によって獲得したポイントの場合、楽天市場や街でのお買い物などにも使えるほか、「ポイント運用 by 楽天PointClub」(以下、「ポイント運用」)や「ポイント投資」で、ポイントや資産を増やすことにも使えます。「楽天スーパーポイント」を使って投資の疑似体験や資産形成が始められる、投資初心者にもおすすめなサービスです。

ポイント運用とポイント投資はどう違うの?

「楽天スーパーポイント」は、楽天市場や提携先の街の店舗での買い物などで利用できるほか、「ポイント運用」や「ポイント投資」に利用することもできます。名称は似ていますが、何が違うのか?詳しく見ていきましょう。

「ポイント運用」とは、買い物などで獲得した「楽天スーパーポイント」を、ポイントのまま運用するサービスです。「楽天スーパーポイント」を使って運用の疑似体験ができるもので、運用実績が良ければポイントが増えるという仕組みです。疑似体験なので、証券会社などの金融機関で口座開設をする必要なく、楽天IDがあればすぐに始められるため、投資初心者でも気軽に始めることができます。

「ポイント投資」は、楽天証券で投資信託を購入する際に「楽天スーパーポイント」を購入代金の全額もしくは一部に利用できるサービスで、積立注文にも使えます。こちらは、「ポイント運用」と異なり実際の金融商品である「投資信託」を購入しますので、楽天証券に口座開設が必要です。ポイントを使って実際に投資信託を購入するので、利益が出た際は現金で受け取ることができます。楽天証券では100円から投資信託が購入できるので、100ポイントあればポイントだけでスタートできます。まずは小さい金額から資産形成を始めてみることも可能です。

楽天のポイント運用はアプリで簡単

楽天のポイント運用は、「楽天PointClub」のウェブサイトもしくはアプリから始めます。ポイント投資と違い、楽天証券の口座開設は必要ありません。

「楽天PointClub」アプリのインストールは無料。App Storeや Google Play からダウンロードできますので、スマートフォンから簡単に利用することができます。

そもそも楽天スーパーポイントでのポイント運用とは?ポイント投資についての違いを踏まえて解説!

画像出典:fotolia

楽天のポイント運用の特徴、メリットを解説!

手数料無料

楽天のポイント運用は手数料が無料です。「楽天PointClub」のアプリも無料でインストールできますので、「楽天スーパーポイント」を運用するために必要な費用などはありません。

100ポイントから運用可能

楽天のポイント運用では、100ポイントという少額から運用を始めることができます(期間限定ポイント、提携サービスから交換した通常ポイントは除く)。「楽天スーパーポイント」は1ポイント=1円分として利用できますから、実質100円から始められるということになります。100ポイントを貯めるには1万円分のお買いものが必要です。

貯まったポイントは1ポイントから引き出し可能

ポイント運用によって貯まったポイントは、1ポイントから引き出し可能です。引き出したポイントは通常ポイントとして「楽天市場」や「楽天トラベル」などのオンラインサービスだけでなく、楽天が提携している街のお店でも利用できます。

口座開設不要

楽天のポイント運用は、ポイントを運用しています。投資信託などの金融商品を購入するポイント投資とは異なるサービスですので、証券口座の開設も不要です。特別な手続きは必要なく、簡単に始められるというメリットがあります。

誰でもできる!楽天のポイント運用の始め方!

STEP1 ポイント運用のページを開き、楽天会員としてログイン

まずは「楽天PointClub」のページからポイント運用のサイトへ行き、楽天会員としてログインしましょう。ログインすると、ポイント運用に関する利用規約が表示されます。最後まで読み終えてから同意ボタンを押してください。

STEP1 ポイント運用のページを開き、楽天会員としてログイン

STEP1 ポイント運用のページを開き、楽天会員としてログイン

STEP2 ポイント運用のふたつのコースから選択

次に、ポイント運用のふたつのコース「アクティブコース」「バランスコース」のいずれかから選択します。アクティブコースは積極的な運用を目指すコースで、日々の動きが大きく変動します。対してバランスコースは、安定的な運用を目指すコース。日々の動きが小さく安定的であることが特徴です。

ポイント数の変動には、アクティブコースでは株式70:債券30の配分で分散投資を行う楽天・インデックス・バランス・ファンド(株式重視型)、バランスコースは株式30:債券70の配分で分散投資を行う楽天・インデックス・バランス・ファンド(債権重視型)の基準価額の値動きが原則反映されます。基準価格に連動して、運用しているポイントが増減していき、投資の疑似体験ができるでしょう。

STEP2 ポイント運用のふたつのコースから選択

STEP3 運用ポイント数を選択

コースを選択した後は、運用ポイント数を決めましょう。最低100ポイントから運用することが可能ですので、自分で運用ポイント数を入力して確定します。

あとは、日々のポイント運用実績を確認するだけ。ポイントを引き出したいときは、1ポイントから引き出すことができます。

STEP3 運用ポイント数を選択

※「ポイント運用スタートガイド」ページもございますので、あわせてご参照ください。

「楽天スーパーポイント」の運用の注意点を解説!

期間限定ポイントは使えない

ポイント運用で使用できる「楽天スーパーポイント」は、通常ポイントのみです。キャンペーンなどで獲得した期間限定ポイントや、提携サービスから交換した通常ポイントは使用できません。期間限定ポイントには有効期限が決まっていますので、加盟店での買い物などで使用しましょう。

ポイント追加時の上限が決まっている

「楽天PointClub」会員ランクによってポイント追加上限が決められています。

ポイント追加時の上限が決まっている

1回の追加上限は30,000ポイント(ダイヤモンド会員は500,000ポイント)です。

なお、楽天ポイントは1カ月あたりほかのサービスと合わせて100,000ポイント(ダイヤモンド会員は500,000ポイント)の利用上限が設定されています。実際に運用に追加できるポイントはその上限の範囲内となります。

SPUの対象ではない

楽天市場では、楽天グループの各種サービスを利用して条件を満たすと、楽天市場での買い物で付与されるポイント倍率が上がるプログラム「SPU(スーパーポイントアッププログラム)」を実施しています。たとえば、楽天カードの支払い口座を楽天銀行としたり、楽天ブックスや楽天Koboで月1回1注文で1,000円以上の買い物をしたりするなどの条件があります。しかし、残念ながら、ポイント運用はSPUの対象外です。

「楽天スーパーポイント」を利用したポイント投資もおさえておこう!

まずは口座開設!

ポイント投資はポイント運用と違い、実際に投資信託を購入する際に、「楽天スーパーポイント」が利用できるサービスです。ですから、ポイント投資を行うためには、楽天証券の口座開設が必要となります。楽天証券の口座開設をすると、「楽天スーパーポイント」がもらえるキャンペーンを行っていることがありますので、気になる方はぜひ確認してみましょう。

楽天証券では、「楽天スーパーポイント」を1ポイントから利用することができます。また、投資信託は100円から購入できるので、100ポイントあれば、ポイントのみで投資信託を購入することができますので、気軽に資産形成を始めることができます。

楽天証券でのポイント投資はこんなにお得!

楽天証券でのポイント投資の最大のメリットは、「楽天スーパーポイント」を投資に活用できるという点でしょう。1ポイントから利用できたり(※投資信託の購入は100円から)、ポイントのみで投資を始めたりすることができますので簡単に始められる点がメリットです。

ポイント投資はSPUの対象となっていますので、楽天市場を利用されている方なら、大きなメリットのひとつになるでしょう。500円のポイント投資を行うと、その月の楽天市場でのお買い物で付与されるポイントが+1倍になるため、ポイントをより効率的に貯めることができるでしょう。

また、ポイント投資は実際の金融商品を購入するため、得られた利益には税金が発生します。ただ、楽天証券では、NISA(少額投資非課税制度)でもポイントが利用できます。NISA口座を使えば、利益にかかる税金は非課税になるので、まずはNISA口座から始めてみるのもいいかもしれません。そのほか、運用実績によっては損失が出ることもありますので、商品選択などは事前によく検討してから購入することをおすすめします。

今持っている「楽天スーパーポイント」でのポイント運用やポイント投資をしてポイントを貯めよう。

みなさんがお持ちの「楽天スーパーポイント」を運用したり、ポイントを使用して投資を行ったりすれば、さらにポイントを貯めることができるかもしれません。「楽天スーパーポイント」の使い道はたくさんありますが、そのひとつとしてこの機会にぜひポイント運用やポイント投資も検討してみてはいかがでしょうか。

※「ポイント投資」で投資信託を購入(通常・積立)がSPUの対象になります。

・App StoreはApple Inc.のサービスマークです。Apple、Apple Pay、Apple Watch、iPhone、iTunes、iCloud、Safari、FaceTimeは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
・Google Play および Google Play ロゴは Google LLC の商標です。

この記事を書いた人ERI

不動産会社や住宅メーカーで働いていた経験から、主に不動産や金融関係の執筆を行っているWebライター。
その他、グルメや地域ネタなどのジャンルの記事執筆も行っています。初心者にもわかりやすい言葉でテーマを解説しています。
保有資格:宅建・FP2級・教員免許など

年会費永年無料!!
ポイントがざくざく貯まる!

新規入会&利用で5,000ポイント! >

楽天カードをつくる

この記事をシェアする!

あなたにおすすめの記事