2019-09-12公開

楽天カードで使える空港ラウンジはどこ?カードの種類ごとに特典を紹介

楽天カードで使える空港ラウンジはどこ?カードの種類ごとに特典を紹介
画像出典:fotolia

楽天カード会員が利用できる「空港ラウンジ」ですが、通常の楽天カード、楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカードなど、種類によって利用できる内容が異なります。今回は楽天カードの種類ごとのラウンジ特典について詳しく解説します。

楽天カードの種類ごとに利用できるラウンジが違う?

楽天カードには、いくつかの種類があります。楽天カード、楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカードやそれらのカードに付帯できるカードがあります。カードの種類によって、年会費や特典、付帯サービスなどに違いがあります。

楽天カード種類

(2019年9月時点)

このように、楽天カードの種類によっても利用できるラウンジは異なります。自分にあった楽天カードを選びましょう。

楽天カードで利用できるラウンジ

楽天カードは年会費永年無料のクレジットカードです。さらに、家族が持てる家族カードも無料なので、維持費にお金をかけたくないという人におすすめのクレジットカードでもあります。空港ラウンジを利用することはできませんが、楽天カードでも利用できるラウンジがあるのでご紹介します。

楽天カードではハワイにある「楽天カード ハワイラウンジ」が利用できる

一般的な楽天カードでは空港のラウンジは利用できませんが、ハワイの市内にある「楽天カード ワイキキラウンジ」が利用可能です。ラウンジは「Tギャラリア ハワイ by DFS」内にあり、施設の中は広くゆっくりくつろげます。また、キッズスペースもあるので子ども連れの家族にもおすすめです。

利用できるサービスには、
・温かいコーヒー/冷たいジュース
・Free Wi-Fi
・パソコン/プリンター
・マッサージチェア
・ベビーカーレンタル
などがあります。

楽天カードで利用できるラウンジ

画像出典:fotolia

楽天ゴールドカードで利用できるラウンジ

楽天ゴールドカードは年会費が2,160円(税込み)のクレジットカードです。楽天市場で買い物をすると、楽天スーパーポイントが最大5倍になるためポイントが貯めやすく、楽天ETCカードの年会費も無料です。一般的な楽天カードと同様に、海外旅行傷害保険も付帯しているのも魅力のひとつです。ハワイのラウンジのほかに空港ラウンジも利用できますのでご紹介いたします。

国内主要空港ラウンジは年2回まで無料

楽天ゴールドカードの魅力のひとつに、国内主要空港ラウンジの利用が年2回までなら無料になるという点があります。9月1日から次の年の8月31日までを1年間として計算します。さらに家族カード会員も本カード会員同様、無料で利用可能です。ラウンジを利用する場合は、楽天ゴールドカードと航空券、もしくは半券が必要になります。

ただし、3回目以降の利用は通常料金がかかります。

例えば、
・新千歳空港「スーパーラウンジ」=1,080円(税込み)
・仙台国際空港「ビジネスラウンジ」=1,080円(税込み)
・羽田空港「エアポートラウンジ」=1,080円(税込み)
がかかります。

海外空港ラウンジはハワイと韓国で利用可能

楽天ゴールドカードの場合、国内の空港以外にもハワイや韓国の海外空港のラウンジも利用できます。

・ハワイ/ダニエル・K・イノウエ国際空港「IASS HAWAII LOUNGE」
・韓国/仁川国際空港「IASS INCHEON LOUNGE EAST・WEST」

ラウンジを無料で利用できるのは年2回までと制限はありますが、韓国/仁川国際空港については無制限です。そのため、いつでも無料でラウンジが利用できます。さらに、家族カード会員も同じように無制限で利用できるため、家族旅行で韓国によく行く人におすすめのクレジットカードです。

楽天プレミアムカードで利用できるラウンジ

楽天プレミアムカードは、年会費が10,800円(税込み)のクレジットカードです。年会費にあわせて付帯サービスが充実しており、旅行関係では海外旅行傷害保険が自動付帯となり、国内旅行傷害保険や動産総合保険なども付いています。さらに、プライオリティ・パスを申し込めば無料で利用できるのも魅力のひとつです。

国内主要空港ラウンジと一部海外ラウンジは無料かつ無制限に使用可能

楽天ゴールドカード同様に、国内の主要空港とハワイや韓国の海外空港のラウンジを無料で利用できます。楽天ゴールドカードと違う点は、利用制限がないことです。そのため、国内の空港ラウンジが何回でも無料で利用できます。

利用可能な空港を一部紹介すると、
・新千歳空港
・仙台国際空港
・新潟空港
・成田国際空港
・羽田空港
・中部国際空港セントレア
・関西国際空港
・ハワイ/ダニエル・K・イノウエ国際空港
・韓国/仁川国際空港
などがあります。

利用できる空港をもっと詳しく知りたいという人は、楽天プレミアムカードのウェブサイトを確認しましょう。

プライオリティ・パスで1,200カ所以上のラウンジを無料利用!

プライオリティ・パスとは、プライオリティ・パスが運営する、空港ラウンジが無料で利用できるサービスのことです。1,200カ所以上の空港が利用対象となっています。プライオリティ・パスには「スタンダード」「スタンダード・プラス」「プレステージ」のプランがあります。楽天プレミアムカードと同じ内容のプランなら「プレステージ」となり、年会費は429ドル(日本円で45,000円程度。2019年7月現在)かかるサービスです。楽天プレミアムカードの年会費が10,800円(税込み)なので、海外に旅行される方には楽天プレミアムカードが断然おすすめです。

充実のサービスでワンランク上の毎日へ !楽天プレミアムカードに申し込む

プライオリティ・パスを利用するには、事前に申し込み手続きが必要となります。プライオリティ・パスの有効期限は2年間ですが、楽天プレミアムカードを持っている限りは再度申し込みが可能ですので、いつでもプライオリティ・パスを利用することができます。ただし、本カード会員は無料で利用できますが、同伴者は3,240円(税込み)がかかるので覚えておきましょう。

楽天カードの特典で空港ラウンジを活用し、旅行や出張の待ち時間をより快適に過ごそう。

今回ご紹介したように、楽天カードがあれば、ハワイのラウンジやカードの種類によっては空港ラウンジも無料で利用することができます。ラウンジ内は、ゆったりくつろげるスペースとなっているので、ラウンジを利用して旅行や出張での搭乗までの待ち時間をより快適に過ごしましょう。

トウマ

大学卒業後、証券会社に就職。お客様の株の売買や新規口座開設の案内などカスタマーサポート業務を担当。在職中に証券外務員I種の資格を取得。資格取得後は幅広い金融商品を取り扱う業務に従事。
現在はWebライターとして活動。証券会社時代の経験を活かして、投資やFX、クレジットカードなどのお金に関する情報を初心者向けに発信しています。

年会費永年無料!!
ポイントがざくざく貯まる!

新規入会&利用で5,000ポイント! >

楽天カードをつくる

この記事をシェアする!

あなたにおすすめの記事