2019-09-12公開

楽天カード各種類の年会費・特徴を徹底比較!自分に最適なクレジットカードはどれ?

楽天カード各種類の年会費・特徴を徹底比較!自分に最適なクレジットカードはどれ?
画像出典:fotolia

今回は様々な種類の楽天カードについて、それぞれ比較をして解説します。クレジットカードの用途や求めるサービス内容によって、どのカードを選ぶのがベストかは変わります。本記事で、それぞれの年会費や特徴を押さえておきましょう。

各楽天カードの種類の特徴

各楽天カードの種類の特徴について解説します。また【無料】と記載しているものは年会費が永年無料または条件を満たすと無料になるもの、【有料】と記載しているものは年会費が有料となっています。

楽天カード【無料】

楽天カードは基本のクレジットカードです。楽天市場でのお買い物の支払いに楽天カードを利用すると、SPU(スーパーポイントアッププログラム)が適用され、ポイントが最大3倍になります。また、楽天お買いものパンダデザインや楽天イーグルスデザインなど、異なるデザインからお気に入りのデザインを選ぶことも可能です。

SPUについて、詳しくは以下のページをご覧ください。
https://event.rakuten.co.jp/campaign/point-up/everyday/point/

楽天ゴールドカード【有料】

楽天ゴールドカードは年会費が2,160円(税込み)です。その分、楽天市場でのカード利用でSPUによりポイントが最大5倍になる、国内空港ラウンジ(一部海外もあり)が年間2回まで無料で利用できる、といったメリットがあります。

楽天プレミアムカード【有料】

楽天プレミアムカードの年会費は10,800円(税込み)です。SPUで楽天市場での利用ポイントが最大5倍になります。通常の楽天カードや楽天ゴールドカードでは、倍付分のポイントは月間獲得上限5,000ポイントでしたが、楽天プレミアムカードではその上限が15,000ポイントに拡大されますので、楽天市場でのカード利用が多い方に特におすすめです。さらに、プライオリティ・パスを無料で申し込めるため、国内空港ラウンジに加えて海外空港ラウンジも利用可能という特典があります。

楽天PINKカード【無料】

楽天PINKカードは女性向けのクレジットカードです。基本的な条件は通常の楽天カードと同じですが、月額サービス料金を支払うことでオプションが付けられます。たとえば、保険や女性のライフスタイルにあわせたショッピングの特典などがあります。

楽天ANAマイレージクラブカード【無料】

楽天ANAマイレージクラブカードは、初年度年会費無料、翌年以降は年1回の利用で年会費500円(税抜き)が無料となります。楽天カードにANAマイレージクラブ機能が追加されたもので、マイルを貯めたい方におすすめです。楽天市場でのポイントは、通常の楽天カードと同じで最大3倍です。

楽天カード アカデミー【無料】

楽天カード アカデミーは、18歳以上28歳以下の学生の方限定で申し込みができるクレジットカードです。通常の楽天カードの特典に加え、カード発行から1年間、楽天ブックスでの本・DVD購入でポイント最大5倍、楽天トラベルの高速バス予約、楽天ブックスでのダウンロード購入でポイント最大3倍(それぞれ会員ランク別の獲得上限あり)といった学生に嬉しい特典が用意されています。

楽天銀行カード【無料】

楽天銀行カードは、楽天銀行のキャッシュカードと楽天カードの一体型カードです。楽天銀行の普通預金金利が2倍になります。

アルペングループ 楽天カード【無料】

アルペングループとの提携カードです。楽天カードをベースにアルペングループのポイント機能など独自の特典・機能をプラスしたカードです。アルペングループでの利用で、「アルペンポイント」と「楽天スーパーポイント」をダブルで貯めることができます。

比較すると結局どの種類の楽天カードがおすすめ?

紹介した各種類の楽天カードのうち、どれがおすすめなのか「年会費」「限度額」「国際ブランド」の3つの観点で比較してみました。

年会費で比較

紹介した楽天カードのうち、5種類が年会費永年無料、1種類が条件を満たすことにより無料になるもの、2種類が年会費有料(2,160円~、10,800円(税込み))です。その内訳を紹介します。

【年会費永年無料】
・楽天カード
・楽天PINKカード(カスタマイズサービスは月額料金が掛かります)
・楽天銀行カード
・楽天カード アカデミー
・アルペングループ 楽天カード

【条件を満たすことで年会費無料】
・楽天ANAマイレージクラブカード(初年度無料、翌年以降は年1回の利用で年会費540円(税込み)が無料)

【年会費有料(すべて税込み)】
・楽天ゴールドカード:2,160円
・楽天プレミアムカード:10,800円

年会費永年無料のクレジットカードならば、年会費が掛からない分お得感があります。しかし、年会費有料のクレジットカードも1年間の費用と考えるとそれほど高いわけではなく、その分特典も付いています。楽天市場でのポイント獲得数が多くなったり、空港ラウンジも使えるようになったりする、最終的にどれがお得かは使い方によります。

限度額で比較

楽天カードの利用限度額の上限は、以下5種類はこのように決まっています。

・楽天カード:最大100万円
・楽天PINKカード:最大100万円
・楽天ゴールドカード:最大200万円
・楽天プレミアムカード:最大300万円
・楽天カード アカデミー:最大30万円

利用限度額は審査によって変動しますが、カード利用額の見込みが多い方は、上限の大きなカードを選んでおく、というのもひとつの選び方です。

国際ブランドで比較

続いて、カードごとにどの国際ブランドが申し込めるのかを紹介します(2019年8月1日時点)。

・楽天カード:Mastercard、American Express、Visa、JCB
・楽天PINKカード:Mastercard、American Express、Visa、JCB
・楽天ゴールドカード:Mastercard、Visa、JCB
・楽天プレミアムカード:Mastercard、American Express、Visa、JCB
・楽天銀行カード:JCB
・楽天ANAマイレージクラブカード:Mastercard、Visa、JCB
・楽天カード アカデミー:Visa、JCB
・アルペングループ 楽天カード:Mastercard

Mastercard、Visa、JCBのいずれかであれば、ほとんどの楽天カードが対応しています。今後、国際ブランドの選択肢が増える可能性もあるので、カードを作るときは公式ページでご確認ください。

結論

各カードの基本スペックは上記の通りですが、結局どれがベストかは用途によります。たとえば、女性向けサービスが必要な場合は楽天PINKカード、よく楽天のサービスを使う人はポイントが貯まりやすい楽天ゴールドカード、海外出張が多い人は空港ラウンジの優待が手厚い楽天プレミアムカードなどです。クレジットカードに何を求めるか、ぜひ考えてみてください。

楽天カードについてより詳しく知りたい方はこちら

比較すると結局どの種類の楽天カードがおすすめ?

画像出典:fotolia

今持っている楽天カードから別の種類の楽天カードに切り替える方法は?

楽天カードから楽天ゴールドカード、楽天プレミアムカードへの切り替え時

楽天カードから楽天ゴールドカードや楽天プレミアムカードへの切替方法は簡単で、楽天e-NAVI上で手続きするだけでできます。

ただし、これらの切り替えはクレジットカードが新たに発行されるため、カード番号や有効期限、付帯する楽天Edyなどの番号は変更されます。それにともなって、一部再手続きが必要なサービスが出てきます。

楽天e-NAVIのクレジットカード登録は自動的に更新されるため、楽天市場で利用するクレジットカードの登録や、WEB明細サービスなどは元の設定をそのまま引き継ぐことができます。しかし、以下のサービスについては、再手続きが必要です。

・公共料金の支払い
・家族カード
・楽天Edyの残高やチャージ設定
・本人認証サービス など

再手続きは楽天e-NAVIから行いますが、サービス先での設定が必要なものもありますので、よく確認しておきましょう。

楽天カードから楽天PINKカードなどへの切り替え時

楽天カードから楽天PINKカードなど通常カードの種類を変更したい場合や、国際ブランドを変更したい場合、デザインのあるカードに切り替えたい場合は、一度現在のクレジットカードを解約し、改めて新規でカード申し込みをする必要があります。

自分に合う種類の楽天カードを選ぼう

楽天カードにはさまざまな種類があり、それぞれ年会費や特典が異なります。まずは自分の利用したい特典をチェックして、自分に合う楽天カードを選び、お得に特典を活用しましょう。また、楽天カードをすでに利用している方は、カード利用状況に合わせてよりお得な楽天カードへの切り替えを検討してみてはいかがでしょうか。

※上記のカード情報は2019年8月末のものであり、変更となる場合がございます。

yeah.peach

元金融系SE。現在はフリーランスとして、Webライティング、Webディレクター業務、受託開発、などで生計を立てている。主な執筆ジャンルはIT(プログラミング、IT転職、受託案件)、金融(投資、税金、クレジットカード、保険)など。

年会費永年無料!!
ポイントがざくざく貯まる!

新規入会&利用で5,000ポイント! >

楽天カードをつくる

この記事をシェアする!

あなたにおすすめの記事