2019-09-19公開

リボ払いの一括返済のやり方とは?楽天カードの返済方法も併せて解説

リボ払いの一括返済のやり方とは?楽天カードの返済方法も併せて解説
画像出典:fotolia

「リボ払いの一括返済」とは何か、メリットや手続き方法を紹介します。支払いに余裕がある時は、一括返済を行うことで手数料の負担を最小限に抑えることが可能です。本記事では例として、楽天カードの一括返済の手続き方法も解説します。

リボ払いの一括返済とは?

「リボ払いの一括返済」とは、どういうことかイメージがしづらいかと思いますので、まずはリボ払いの返済方法について確認しながら、一括返済についてご紹介します。

リボ払いの返済方法

リボ払いは、利用残高のうち、毎月設定された金額を支払っていく支払い方法です。利用残高にかかわらず、支払い金額をほぼ一定に設定できるというメリットはありますが、利用残高に対して実質年率15.00%前後のリボ手数料がかかります。そのため、利用状況によってはなかなか支払い残高が減りにくいということが起こりがちでもあります。

一括払いへの変更ができない理由

基本的にリボ払いから一括払いへの変更はできません。前提としてリボ払いは手数料がかかる支払い方法のため、支払わなければならない金額が異なってくるからです。中には、

・リボ払いにするつもりがなかったのに、誤ってリボ払いにしてしまった
・一括払いと告げてもリボ払いになるように設定していることを忘れて、クレジットカードを使ってしまった

という場合に、手数料がかからない一括払いに変更したいという場合もあるでしょう。また、支払い途中でリボ払いをやめてまとめて支払いしたいという人もいるかもしれません。その場合に利用できるのが、次に述べる「一括返済」です。

支払いを早く終わらせる一括返済

リボ払いを一括払いへ変更することはできませんが、一旦リボ払いにしてしまったからといって、リボ払いを続けなければならないわけではありません。できるだけ手数料がかからないように、利用残高をまとめて支払う方法があります。これが「リボ払いの一括返済」です。まとまった金額の準備ができたら一括返済することで、支払いを早く終わらせて将来発生する手数料を節約できます

なお、「一括返済」とは、分割払いやリボ払いの残高をまとめて支払うことです。締め日までのお買い物などの利用額全てを翌月の指定日に支払うことで手数料が発生しない「一括払い」とは別のものですので理解しておきましょう。

リボ払いの一括返済のやり方とは?楽天カードの返済方法も併せて解説

画像出典:fotolia

リボ払いの一括返済の方法

クレジットカードの利用代金の支払いは、登録している金融機関から指定日に自動的に支払う方法が一般的です。しかし、リボ払いの一括返済を行う場合の支払い方法は、カード会社によって様々な方法が用意されています。たとえば、

・カード会社指定の銀行口座に振り込む
・指定のATMを利用して入金する
・毎月の請求時にまとめて支払う

という方法があります。なお、一括返済にあたってはカード会社指定の手続きが必要となる場合もありますので、確認しておきましょう。

また、カードの設定によっては、毎月の支払い額を現在の残高以上の金額に設定してしまうことでも一括返済と同様の効果が得られます。

リボ払いの一括返済のメリット

リボ払いを続けていくと、支払いが続く限りリボ手数料もかかります。途中でまとまったお金が準備でき、そのお金を充てられるのであればぜひ一括返済をしましょう。一括返済すれば、それ以降のリボ手数料の負担が必要なくなるというメリットがあります。

リボ払いの手数料を減らせる

クレジットカードの手数料は、他のローンと比べると高く設定されています。支払える余裕ができたなら、リボ払いでの返済を続けるよりも一括返済してしまったほうが良いでしょう。

楽天カードの場合のリボ払いから一括返済のやり方

ここでは、ポイントが貯まりやすいと人気のある楽天カードについて、リボ払いの一括返済のやり方について紹介します。

楽天カードのリボ払いから一括返済のやり方

楽天カードの場合、リボ払いの利用残高を一括で支払う方法は2つあります。
「リボ残高のおまとめ払い」と「銀行振込」です。

「リボ残高のおまとめ払い」
リボ払いの残高すべてを一括で支払うまたはその一部を、次回の支払い日にまとめて支払う方法です。楽天カードの場合は、おまとめ払いについては10日が手続きの区切りとなっていて、10日の22時までに手続きすると当月の支払いコースにて、11日以降の手続きになると、翌月の支払いコースにて、希望した支払い金額が反映されます。

この方法は、会員専用のオンラインサービス「楽天e-NAVI」から手続きができてとても便利です。

「銀行振込」
次回の支払い日を待たずにリボ利用残高のすべて、あるいは一部を支払いたい場合には、電話での手続きにて銀行振込が利用できます。途中カード番号の入力が必要になるため、クレジットカードを手元に準備しておきましょう。全額を一括で支払う場合は、自動音声で手続き可能ですが、一部のみの支払いの場合は、楽天カードコンタクトセンターでの対応になります。なお、手続きにかかる電話代や金融機関の振込手数料は、利用者の負担になります。

楽天カードのリボ払いを一括返済にするポイント

クレジットカードはお店などで利用した日から、利用分が請求されるまでタイムラグがあります。利用日が締め日が過ぎてすぐなら、リボ手数料が発生する日までほぼ1カ月ありますが、もうすぐ締め日という時期の利用なら、ほどなくリボ手数料が発生します。お金が準備できたら1日でも早く一括返済の手続きをすることがリボ手数料を減らすコツです。

インターネットから手続きができる楽天e-NAVI上で「おまとめ払い」をするのは手軽で便利です。しかし、支払日まで日数がある時期に一括返済する場合なら、振込手数料をかけても銀行振込を利用した方が、結果としてリボ手数料負担が少なくなる場合があります。利用明細などで残高とリボ手数料の金額を確認し、有利な方法を選ぶと良いでしょう。

リボ払いの一括返済は早めに!

クレジットカードを利用する時は、なるべくリボ手数料のかからない方法を選択したいものです。しかし、大きなお買い物をするときにはリボ払いは便利な支払い方法でもあります。仕組みをよく理解した上で賢く利用しましょう。支払いに余裕がある場合には早めに一括返済を利用するのも良い方法です。

この記事を書いた人まねーきねこ

不動産開発会社で営業を経験後、ハウスメーカーの設計部、商品開発部に勤務。結婚後はファイナンシャル・プランナー資格を取得。
子育て世代の家計や教育費の相談、親子で楽しみながら学べる金銭教育講座開催に力を入れている。

年会費永年無料!!
ポイントがざくざく貯まる!

新規入会&利用で5,000ポイント! >

楽天カードをつくる

この記事をシェアする!

あなたにおすすめの記事