2019-10-17公開

リボ払いを早く返済する方法とコツを紹介!一括返済や繰上返済について

リボ払いを早く返済する方法とコツを紹介!一括返済や債務処理について
画像出典:fotolia

「クレジットカードのリボ払いがなかなか終わらない…」そんな方に向けて今回の記事では、クレジットカードのリボ払いを早く返済する方法やコツをご紹介していきます。一括返済や繰上返済のほか、基本的な注意点をあわせて解説します。

リボ払いを早く返済する方法とは?

「手数料が高いから、リボ払いを早く返済したい」という人も多いでしょう。リボ払いを早く返済する方法は大きく分けて2つあります。それぞれ詳しく紹介していきます。

一括返済に変更する

リボ払いを早く返済する方法のひとつに、一括返済があります。一括返済に支払い方法を変更すれば、残りの支払い回数もあと1回で終わり、手数料も安く抑えられます。そのため、リボ払いを早く返済する方法のなかでは、もっともおすすめの手段です。

クレジットカードの支払方法は途中で変更ができます。カード会社によっては最初にリボ払いに設定していても、あとから一括返済にすることも可能です。もし一括で返すことが難しいなら、繰上返済という方法もあります。

繰上返済とは、残高の一部を返済する方法です。返済したお金は残高と手数料にあてられます。手数料は利用残高にかかるため、繰上返済で少しでも返していた方が、手数料を安く抑えられ、早く返済できるのです。最初はお金が心配でリボ払いにしたけど、今はお金に余裕があるという人は、一括返済や繰上返済などの方法を考えましょう。

毎月の返済額を変更する

毎月の返済額を変更するのも、返済を早くする方法のひとつです。返済額を少しでも多くできれば、その分返済回数が少なくなり手数料が安くなります。たとえば、100,000円利用していたとして、月々の返済額を10,000円に設定していて、カード会社の手数料率が15.00%の場合、返済回数は10回となり、手数料は合計で6,875円になります。トータルすると106,875円を返済することになるのです。(手数料は条件によって若干の変動があります。)

もし、毎月の返済額を5,000円多くして15,000円にした場合、返済回数は7回で終わり、手数料の合計は4,811円。トータルの返済額は104,811円になります。5,000円多くしただけで2,064円もお得になるのです。(手数料は条件によって若干の変動があります。)

このように、毎月の返済額を変更するだけでも、返済を早くすることができます。無理のない範囲内で、返済額を変更するようにしましょう。

ショッピングリボ払い返済シミュレーション|楽天カード

リボ払いを早く返済する方法とコツを解説!繰上げ返済や一括返済

画像出典:fotolia

リボ払いで早く返済するにはコツがある

リボ払いを早く返済するにはいくつかのコツがあります。コツを押さえることで、無理なく早めに完済することができます。

完済するまでクレジットカードを使わない

リボ払いを早く返済するには、利用残高を増やさないことです。当たり前のように思うかもしれませんが、実は意外と難しいことです。リボ払いは、残高が増えても毎月の支払額はほぼ一定なので、ついつい油断して新しい買い物をしてしまいます。その結果、支払い回数や手数料が増え、完済までが遠くなったり、支払うのに苦労したりします。そうならないためにも、リボ払いを完済するまでは、クレジットカードの使用は控えるようにしましょう。

返済日をキチンと守る

当然ですが、返済日はしっかりと守りましょう。返済日に残高が不足していると、督促がきたり、遅延損害金が発生したりします。特に遅延返済金は、早く返済したい人にとっては避けたいところです。なぜなら、毎月の返済額とは別に、遅延損害金を支払わないといけなくなるからです。遅延損害金の額はカード会社によって異なりますが、通常よりもお金が必要になるため少しでも早く返済をしたいなら、返済日には忘れずお金を準備しておきましょう。

リボ払いは早めの返済を!無理のない範囲でリボ払いを活用しよう

今回紹介したように、リボ払いを早く返済したいなら一括返済や繰上返済を行い、支払日はしっかりと守り、無理のない範囲内でリボ払いを上手に活用していきましょう。

この記事を書いた人トウマ

大学卒業後、証券会社に就職。お客様の株の売買や新規口座開設の案内などカスタマーサポート業務を担当。在職中に証券外務員I種の資格を取得。資格取得後は幅広い金融商品を取り扱う業務に従事。
現在はWebライターとして活動。証券会社時代の経験を活かして、投資やFX、クレジットカードなどのお金に関する情報を初心者向けに発信しています。

年会費永年無料!!
ポイントがざくざく貯まる!

新規入会&利用で5,000ポイント! >

楽天カードをつくる

この記事をシェアする!

あなたにおすすめの記事