2019-11-13公開

クレジットカードのキャッシングとカードローンの違い!利用シーンや機能を比較

クレジットカードのキャッシングとカードローンの違い!利用シーンや機能を比較
画像出典:fotolia

現金が必要な時に手軽に借りられる、キャッシングとカードローン。どちらを使うのがいいかは、利用シーンによっても変わってきます。今回はキャッシングとカードローンの使い分けや、返済方法・利息などの違いについて説明します。

クレジットカードを使ったキャッシングとは?

キャッシングとは、クレジットカードに付帯されている「ATMなどから現金をお引き出しできる機能」のことをいいます。キャッシング枠のあるクレジットカードを利用してコンビニや銀行のATMなどから手軽に現金を引き出すことができるので、急に現金が必要となった時に利用しやすいという特徴があります。
キャッシングで借入ができる金額は、個々に設定されているキャッシング枠の範囲内です。そのため、キャッシングを利用する際には自分のクレジットカードのキャッシング枠がいくらなのかを確認しておくと良いでしょう。

キャッシングは手軽で便利な機能ではありますが、利息や金利手数料が発生します。あらかじめ利息や金利手数料、返済方法などを確認した上で利用することをおすすめします。

クレジットカードを使ったキャッシングとは?

画像出典:fotolia

カードローンとは?

カードローンとは、主に銀行や消費者金融などが提供している「ローン専用のカード」を利用して借入・返済を行う個人向けの融資のことを言います。あらかじめ審査で決められた借入限度額の範囲内で自由に借入・返済できるのはキャッシングと同じですが、ローン専用の契約になるため、キャッシングのように、カードの利用状況を受けて利用可能額が影響を受けることはありません。

借入限度額はクレジットカードのキャッシングと比較すると一般的に高額に設定されているため、まとまったお金が必要な時に利用しやすいというのが特徴です。

金利は個々の契約にもよりますが、キャッシングよりもやや低く設定されているものが多くなっています。

キャッシングとカードローンの違いは?

キャッシングとカードローンはどちらもお金を借りることのできるサービスという点では同じですが、キャッシングはあくまで「クレジットカードに付帯されている機能」、カードローンは「ローン専用の契約」です。また、先に述べたような特徴の違いから、便利に使えるシーンに違いが生じます。

クレジットカードは常に持ち運んでいるため、急に出先で現金が必要になった場合にも便利に対応できます。一方、カードローンは専用のカードが必要であることから、事前に必要なタイミングで持ち出すという使い方が中心になるでしょう。

クレジットカードのキャッシングはどんな時に使う?利用シーンを紹介

キャッシングはどのような場面で使用されているのでしょうか。ここでは、キャッシング利用シーンの具体例についてご紹介します。

1.飲み会でお金が足りない時に

出費が重なったり、給料日前だったりする時に飲み会が開催されてしまい、お金が足りない…という場面があります。このように、急な飲み会でお金が足りないという場面ではキャッシングが有用です。キャッシングを利用すれば、手元にあるクレジットカードで、近くのコンビニや銀行のATMでお金を引き出すことができるからです。キャッシングは「すぐにお金が必要」という場面で役立つ機能です。

2.海外で現地通貨が必要になった際に

クレジットカードのキャッシングは、海外のATMで現地通貨を引き出すことができます。キャッシングは後日返済しなければなりませんが、銀行や両替商を利用して両替をするよりも手数料が安くなることが多いです。加えてATMは主要施設に設置してあるので、必要になった際に簡単に現地通貨の調達ができます。多額の現金を持ち歩かずに済むので、防犯面でも安心です。

3.口座の残高が厳しい時に

キャッシングは、ATMで引き出すだけでなく、引き落とし口座へ入金する「ネットキャッシング」という形でも利用できます。申し込みは、パソコンやスマートフォンから24時間いつでも可能で簡単。最短数分で振込みが行われます(振込日・時間は引き落とし銀行や申し込みの時間によって異なります)。

ネットキャッシングは、口座の残高が厳しい時に便利です。例えば、冠婚葬祭でご祝儀や香典のために現金を用意しなければならなくなった場合や、公共料金などの引き落としで口座の残高が不足しそうな場合などに、前もって口座にお金を準備しておくことができます。振り込みは指定日予約もできるので、必要になるタイミングに合わせて利用すれば利息を抑えることができるのも嬉しいですね。

国内・海外のATMでいつでも利用可能|楽天カードのキャッシングについて

カードローンはどんな時に使う?利用シーンを紹介

続いて、カードローンが利用されるシーンについてご紹介しましょう。

1.学費に

子どもが成長していくと、高校・専門学校・大学など多額の学費が必要となる場面があるでしょう。また、進学のために塾や予備校に通わせたい場合にも、お金が必要です。大事な子どもの教育資金が足りないという時には、カードローンが有用です。カードローンの場合、審査結果に応じた限度額内であれば、自由に借入・返済ができます。事前にカードローンの申し込みをしておけば、学費が必要となった際に借り入れすることができるのです。

2.結婚式やお葬式の費用に

結婚式やお葬式を行うには、まとまったお金が必要となります。カードローンはキャッシングよりも上限金額が高く、金利はやや低く設定されていることが多いので、まとまった大きな金額が必要な時にはカードローンが有用でしょう。

キャッシングとカードローンにはそれぞれの特徴があります。少額で今すぐ現金が必要というケースではキャッシング、まとまった大きな金額が必要というケースではカードローンというように使い分けると良いでしょう。

クレジットカードのキャッシングとカードローンの機能の違いを比較!

借入限度額の違い

キャッシングとカードローンの違いのひとつは、借入限度額の違いでしょう。借り入れ専用であるカードローンは、最終的な借入上限額は高くなります。ただし、借入限度額はその人の属性や支払い状況、利用目的などに応じて決定されます。

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠がそれぞれ設定されています。たとえば楽天カードの場合、ショッピング枠の中にキャッシング枠が設定されています。ショッピング枠が50万円、そのうち30万円がキャッシング枠だと仮定した場合、ショッピング枠40万円を利用するとキャッシング枠が10万円しか使えなくなります。この場合、キャッシング枠は利用していませんが、ショッピング枠の中にキャッシング枠が設定されているため、利用可能額が減ります。

返済方法の違い

カードローンの返済方法はリボ払いが一般的ですが、クレジットカードのキャッシングの場合は、多くの場合一括払いとリボ払いが選択できます。楽天カードでは、キャッシングの返済方法として「1回払い」「リボ払い」が選択できる上、1回払いにしていても、あとからリボ払いに変更することもできます。一括払いが難しくなった時でも安心ですね。

利息の違い

キャッシングとカードローンの金利を比較すると、一般的にはキャッシングの金利が高く設定されています。また、カードローンの中でも消費者金融と銀行を比較すると、銀行のカードローンの金利が低く設定されていることがあります。カードローンでは借入金額によって金利が異なることがあり、支払う利息は借入額や返済方法によって大きく変わります。金利だけを見ればカードローンで大きな金額を借りる方が安いですが、1回の返済額を少なくした場合に支払いの期間が長期化するなどに理由によって、支払う利息も大きくなってしまいますので、結果的に高くなってしまう可能性があります。

海外で使えるかどうかの違い

海外へ滞在すると、現地通貨が必要となる場面があります。カードローンの場合は、海外で出金することはできません。しかし、キャッシングであれば、現地のATMからクレジットカードを使って現地通貨を引き出すことが可能です。海外滞在時に手持ちの現金が足りなくなった時に、キャッシングは大変便利な機能といえるでしょう。

キャッシングとカードローン、利用シーンを考えて最適な選択をしよう

キャッシングとカードローンにはそれぞれの特徴があります。日常生活において、現金が必要となる場面は多くあります。キャッシングとカードローンのどちらを利用するか、それぞれの違いや利用シーンを考えて、自分にとって最適な選択ができるよう検討してみてください。

この記事を書いた人ERI

不動産会社や住宅メーカーで働いていた経験から、主に不動産や金融関係の執筆を行っているWebライター。
その他、グルメや地域ネタなどのジャンルの記事執筆も行っています。初心者にもわかりやすい言葉でテーマを解説しています。
保有資格:宅建・FP2級・教員免許など

年会費永年無料!!
ポイントがざくざく貯まる!

新規入会&利用で5,000ポイント! >

楽天カードをつくる

この記事をシェアする!

あなたにおすすめの記事