2019-12-04公開

クラウドファンディングの支援にクレジットカードがおすすめな理由とは?

クラウドファンディングの支援にクレジットカードがおすすめな理由とは?
画像出典:fotolia

「クラウドファンディング」はインターネットを通して、個人でも様々な活動に支援金を送ることができる仕組みです。今回はクラウドファンディングの種類や、クラウドファンディングにクレジットカード利用がおすすめな理由を紹介します。

クラウドファンディグってどういうサービス?

クラウドファンディングとはインターネット上で自分の夢や活動、やりたいことをプロジェクトの「実行者」として情報を発信して、それに共感した「支援者」から実行に必要な資金を集める、という仕組みです。

ちなみに、クラウドファンディングとは英語で「Crowdfunding」と書き、「クラウド(Crowd=群衆)」と「ファンディング(Funding=資金調達)」を合わせた造語です。このまま読むと、群衆から資金を調達するという意味になります。

例えば、Aさんが実行者としてクラウドファンディングで「介護施設を開設したい」と発信し、それを見たBさんがAさんを応援したいと思えば、BさんはAさんに支援として資金を送ることができます。支援したBさんは、Aさんから資金提供のお礼として、何らかのリターンを貰えるという仕組みです。日本でクラウドファンディングが盛んになったのは、2011年の東日本大震災からです。少ない金額からでも、被災地に支援できることから注目されはじめました。

クラウドファンディグってどういうサービス?

画像出典:fotolia

クラウドファンディングの種類と実施方式!クレジットカード活用の前に確認

クラウドファンディングには、大きくわけて3つの種類があります。

・購入型クラウドファンディング
・寄付型クラウドファンディング
・金融型クラウドファンディング

3つの種類は、支援者が受け取れるリターンの内容が個々に異なります。それぞれの種類について、詳しく紹介します。

種類1:購入型クラウドファンディング

購入型クラウドファンディングの場合、支援者は資金を送り、そのリターンとしてモノやサービスを得ることができます。購入型のクラウドファンディングとなるため、支援者は支援した金額の代わりにモノやサービスを受け取るのです。実行者が掲げるモノやサービスに対して、事前に購入する仕組みとなります。

メリットは、そのプロジェクトでしか手に入らないモノやサービスを購入できる点です。ただし、実行者が事業に失敗するケースもあるため、必ずしもリターンがあるとは限りません。そのため、実行者の掲げる事業が実現可能かどうか、実行者自身が信頼できる人かどうかをしっかり判断して支援することが大切です。

種類2:寄付型クラウドファンディング

寄付型クラウドファンディングの場合は、購入型と違い寄付にあたるため、一切のリターンはありません。ただ実行者によっては、支援に対するお礼として手紙や活動報告を送ってくることもあります。

寄付型クラウドファンディングの支援者側のメリットは、寄付金控除を受けられることです。寄付先から発行される領収書などの必要書類を揃えて確定申告を行うことで、税制優遇が受けられます。ただし、控除の対象となるプロジェクトでなければ控除されないため、支援する前にしっかりクラウドファンディングの運営サイトや、プロジェクトのページで確認しましょう。

種類3:金融型クラウドファンディング

最後に紹介するのが、金融型クラウドファンディングです。金融型クラウドファンディングとは主に企業が行うクラウドファンディングのひとつで、実行側の企業が個人投資家(支援者)に対して出資を募る仕組みです。金融型の場合は、株式発行やファンドの仕組みを利用しているため、支援者もそれに応じたリターンが得られます。

例えば、まだ上場していない企業の株式を持つことで、将来的に価値の上昇が期待できるほか、ファンドでは運用に対する分配金が支援者へ支払われます。
ただし、事業の失敗によりリターンがないケースもあります。株式の価値が上がらなかったり、運用が目標に対して未達だったりした場合はリターンを得ることができません。

実施方式は「All or Nothing」と「All In」の2種類

クラウドファンディングには、支援金額が目標に達した場合のみプロジェクトが実施される「All or Nothing」方式と、支援金額が目標に達しない場合でもプロジェクトが実施される「All In」の2つの種類があります。

「All or Nothing」の場合、実行者が設定した目標金額を期間内に支援金額が超えれば、プロジェクト成立となり実行者は支援金を受け取れます。ただし、目標金額に少しでも届かなかった場合は、プロジェクト不成立となり支援金を受け取ることができません。不成立となった場合、集まったお金は支援者に返金されます。

「All In」は、期間内に目標金額に届かなかった場合でもプロジェクト成立となり、集まった資金は実行者がそのまま受け取ることができます。ただし「All In」には条件があり、期間内に目標金額に届かなかった場合でもプロジェクトを実施することを、実行者はクラウドファンディング開始時に約束しなければなりません。

クラウドファンディングの支払い方法は?クレジットカードは使える?

次に、クラウドファンディングにおいて支援者はどうやって支払いを行えばいいのか説明します。クラウドファンディングの一般的な支払い方法として、クレジットカードがあります。

そのほかにも、
・銀行振込
・コンビニ払い
などに対応しているサイトもあります。自分が支払いやすい決済方法を選びましょう。

ただし、用意されている支払い方法はクラウドファンディング運営サイトによって異なります。例えば、キャリア決済やビットコイン決済に対応しているところもあれば、サイトによってはクレジットカードのみにしか対応していないという場合もあります。そのため、利用するサイトの支払い方法を事前に確認しておくようにしましょう。

クラウドファンディングはクレジットカードでの支援がおすすめ!

先ほど紹介したクラウドファンディングでの支払い方法の中で最もおすすめなのは、クレジットカードです。クレジットカードで資金を支払うメリットを3つ紹介します。

クレジットカードで支援するメリット1:支援金額分のポイントが貯まる

クレジットカードを使うメリットのひとつが、支援した金額に応じてクレジットカードに対応したポイントが付与されるということ。銀行振込やコンビニ払いにはない、大きなメリットのひとつです。

例えば、100円で1ポイントが貯まるクレジットカードを支払いに利用した場合、10,000円支援すると100ポイントが貰える計算になります。このように、支援しながらお得にポイントを貯めることができるのです。

クレジットカードで支援するメリット2:自宅で簡単に支払いができる

クレジットカードで支払いをすれば、自宅にいながら簡単に支払いを完了させることができます。サイト上で、支援者の個人情報やカード情報を入力するだけで終わります。

コンビニ払いの場合、コンビニまで行って支払わないといけません。時間を作ったり、現金を用意したりする必要があるため、手間がかかります。そのため、仕事などが忙しくてなかなか時間がとれない人は、クレジットカードでの支払いがおすすめです。

クレジットカードで支援するメリット3:返金時も手間なく自動キャンセル

先ほど紹介した実施方式「All or Nothing」の場合、目標金額に届かなければプロジェクト不成立となり、支援者に支援金が返金されると説明しました。この返金方法については、クレジットカードや銀行振込、コンビニ払いで大きく異なります。

まず銀行振込やコンビニ払いの場合、返金手続きが必要になります。それに加えて、返金までに1カ月ほどかかるケースがほとんどです。もし返金手続きで情報に不備があれば、さらに返金まで時間を要することになります。

それに比べてクレジットカードなら、返金の手続きは特に必要ありません。なぜなら、プロジェクト終了後に自動でキャンセル処理が行われるからです。ただし、カード会社によっては一旦引き落としされ、その後カード会社から再度返金されることもあります。いずれにしても、クレジットカードでの支払いなら返金も手間なく完了するのです。

クラウドファンディングにおすすめなクレジットカードは楽天カード!

クラウドファンディングをクレジットカードで支払うなら、カード選びが重要になります。なぜなら、クレジットカードによってはクラウドファンディングをお得に利用することができるからです。クレジットカードの中でもクラウドファンディングにおすすめなのは、「楽天カード」です。楽天カードのメリットを2つ紹介します。

楽天カードをクラウドファンディングに利用するメリット1:ポイント還元率が高い

楽天カードを使うメリットのひとつが、高還元率です。楽天カードは、100円につき1ポイントの楽天スーパーポイントが付与されます。ポイント還元率にすると1%。そのほかのクレジットカードのポイント還元率の平均が0.5%〜0.7%なので、1%は平均より高い還元率です。

ちなみに楽天スーパーポイントとは、楽天が運用する独自のポイントサービスです。楽天市場をはじめ、様々な楽天グループのサービスで貯めたり使ったりすることができます。さらに、楽天グループ以外でも楽天ポイントカードの加盟店でポイントが使え、貯めることができる便利なポイントサービスです。

手続きカンタン!楽天カードに申し込む

楽天カードをクラウドファンディングに利用するメリット2:貯まったポイントは楽天市場のクラウドファンディングで使える!

楽天にも、楽天市場が運営するクラウドファンディングがあります。楽天市場のクラウドファンディングの嬉しいところは、貯まった楽天スーパーポイントを支援金として利用できる点です。さらに、支援金の金額に対して一定割合の楽天スーパーポイントが付与されます。

クラウドファンディングは大手以外も行っているので、セキュリティ面に不安を抱く人も多いのではないでしょうか。その点、楽天クラウドファンディングは楽天が提供するサービスのため安心して利用できます。

クラウドファンディングはクレジットカードを使ってお得に支援しよう!

今回紹介したように、クラウドファンディングをするなら、メリットも多いクレジットカードでの支払いを選びましょう。クレジットカードなら簡単に支払いをすることができ、お得にポイントが貯められます。中でも楽天カードは高還元率のため、さらにお得にポイントを貯めることができます。クレジットカードを使って、お得にクラウドファンディングで支援しましょう。

この記事を書いた人トウマ

大学卒業後、証券会社に就職。お客様の株の売買や新規口座開設の案内などカスタマーサポート業務を担当。在職中に証券外務員I種の資格を取得。資格取得後は幅広い金融商品を取り扱う業務に従事。
現在はWebライターとして活動。証券会社時代の経験を活かして、投資やFX、クレジットカードなどのお金に関する情報を初心者向けに発信しています。

年会費永年無料!!
ポイントがざくざく貯まる!

新規入会&利用で7,000ポイント! >

楽天カードをつくる

この記事をシェアする!

あなたにおすすめの記事